南区版 掲載号:2016年6月2日号 エリアトップへ

母乳育児支援コラム28 抱いて、見つめて、話しかけて 保健師 朝倉 きみ子〈私を選んでくれてありがとう【2】〉

掲載号:2016年6月2日号

  • LINE
  • hatena

 流産、死産、人工中絶をした母親や父親は精神的な大きなショックを受けます。

生前に目的果たす

 私たちは生を受けることなく旅立ったと考えていますが、胎話士(胎児と話ができる人)の方たちを通じて子どもたちに聞くと、子どもは「ここまで育ててくれてありがとう」と残されたご両親にメッセージを伝えたがっているということです。

 育児支援の現場「おしゃべりサロン」でこの話を聞いてくださったお母さんが「1人目の子どもを亡くしました。そのことがいつも心に引っかかっていたのですが、心が軽くなりました」と涙ぐんで話してくださいました。赤ちゃんはどんな状況でも丸ごと事実を受け止め、お母さんとお父さんに感謝しているのですね。

赤ちゃんは分かる

 赤ちゃんは全てのことが分かっています。「赤ちゃんはまだ何にも分かっていないのだから。少しぐらい泣かしておけばいいのよ」と言って無視していると、子どもは泣き続けます。子どもが泣くのは、大人が子どものことを理解できず、思いがかみ合っていない時です。しっかり子どもの目を見て、じっくり話しかけてみてください。

 子どもたちに「なぜ私たちは生まれてきたのか」と聞くと、例外なく「人の役にたつため」と答えるそうです。「人の役に立つよう

な人間になるため」の子育てが私たちには求められていると思います。

 小さな赤ちゃんも一人の立派な人間であることを理解した上で、私たちは毎日の子育てに関わっていきたいものです。

 「大好きなお母さん!私はあなたを選んでこの世に生を受けました。お父さん、お母さん、私をこの世に送りだしてくれてありがとう」と言葉が話せればメッセージを伝えてくれているはずです。
 

南区版のコラム最新6

区長の決断を補佐

南区役所幹部に聞く

区長の決断を補佐

〈1〉 滝本潔副区長

6月23日号

横浜とシュウマイと私

連載コーナー【14】

横浜とシュウマイと私

レッツおうちでシュウマイ

6月16日号

南の風はあったかい

鈴木区長の

南の風はあったかい

地区懇談会が3年振りに全地区で開催されます!

6月2日号

田植えの季節

〈連載〉さすらいヨコハマ52

田植えの季節

大衆文化評論家 指田 文夫

6月2日号

横浜とシュウマイと私

連載コーナー【13】

横浜とシュウマイと私

シュウマイに合うお酒考

5月19日号

社会貢献 自然に実践

社会貢献 自然に実践

花之木町 西田装美株式会社

5月12日号

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月23日0:00更新

  • 6月16日0:00更新

  • 6月9日0:00更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ランチと落語を

ランチと落語を

7月2日、馬車道のホテル

7月2日~7月2日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook