南区版 掲載号:2016年6月30日号 エリアトップへ

〈連載〉さすらいヨコハマ⑳ 川崎の市電 大衆文化評論家 指田 文夫

掲載号:2016年6月30日号

  • LINE
  • hatena

 前回、横浜の市電に触れたら、「川崎にもあったよ」と言われた。

 その通り、川崎駅から臨海部を通る市電はあった。京浜急行(当時は東京急行)川崎駅から出発し、すぐ東に曲がって第一国道を横切り、工業地帯に向かっていた。開通は、1944年10月で、まさに戦時中の生産増産への「産業戦士」の輸送増強のためだった。45年4月の川崎空襲も受けたが、戦後すぐに復興し、工業都市川崎を支えた。

 50年代の区画整理と京急の高架化により、出発駅はさいか屋近くに移り、私が映画を見に行ったころは、そこから出ていた。最盛期の52年には塩浜まで行っていたが、時代の変化で67年には池上までになり、69年3月末にはすべて廃止されてしまった。

 川崎の市電が記録されている映画が、大島渚の監督デビュー作、59年の『愛と希望の町』で、駅前で鳩を売る少年と、少女の会話の奥に市電が止まっている。64年の日活映画『仲間たち』にも出てくるが、一般には入手が難しい。

(文中敬称略)
 

南区版のコラム最新6

横浜とシュウマイと私

連載コーナー【13】

横浜とシュウマイと私

シュウマイに合うお酒考

5月19日号

社会貢献 自然に実践

社会貢献 自然に実践

花之木町 西田装美株式会社

5月12日号

横浜とシュウマイと私

連載コーナー【12】

横浜とシュウマイと私

シュウマイで錦を飾る

4月28日号

横浜とシュウマイと私

連載コーナー【11】

横浜とシュウマイと私

シュウマイにも季節感

4月7日号

南の風にのって

松山区長の

南の風にのって

今年も「さくら」の季節がやってきます!

3月3日号

横浜とシュウマイと私

連載コーナー【10】

横浜とシュウマイと私

元祖シュウマイ酒場も横浜由来?

3月3日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月19日0:00更新

  • 5月12日0:00更新

  • 4月28日0:00更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

箏・三味線など響く

南区邦楽協会

箏・三味線など響く

22日、南公会堂で演奏会

5月22日~5月22日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook