南区版 掲載号:2016年8月25日号
  • googleplus
  • LINE

南ボーイズ全国準優勝 悔しさ積み重ね快挙 経験を力に夢の日本一へ

スポーツ

後藤監督(左)と西平君
後藤監督(左)と西平君
 南区の中学生らが所属する少年野球チーム「横浜南ボーイズ」が全国大会で準優勝。創部14年で日本一に肉薄した(=外面参照)。

 チーム創設当初から指揮を執る後藤均監督は「これまで出場した全国大会での経験が積み重なっての成果だ」と胸を張る。

 同大会には初出場した2009年と11年で初戦負け。14年に初勝利を飾って16強まで勝ち進んだ。当時の1年生(現3年生)の多くが応援に駆け付け、先輩が強豪に勝つ姿を目に焼き付けた。主将の西平圭汰君は「先輩を超えたいと思った」と目標が明確に定まったという。

選手層に厚み

 全国で勝つ喜びと同時に感じたのは日本一を目指すチームとの力の差だった。14年に完敗を喫した大阪代表チームは同大会で優勝。後藤監督は「体の大きさがまるで違った」と語る。パワー、スピード、連戦を乗り切る持久力など、全ての面で日本一を目指すチームとは差があった。

 敗戦から2年、取り組んだのは徹底的な基礎体力の強化だった。倒立、ブリッヂを行う体幹トレーニングで基本的な体の強さやバランスを一から鍛え直した。後藤監督は「跳び抜けて上手な選手はいないが全員が平均以上」と身体面の強化がチーム力の底上げにつながったと強調する。

 5月の県大会前に攻守の要だった西平君が腰を骨折。エース級投手も故障し苦しいチーム状態だったが、選手層の厚さを発揮して県を制覇。全国行きを決めた。

 2年前と同様、今年も全国大会の初戦は後輩部員が応援に駆け付けた。同点タイムリーを放った西平君は「全国で勝つのは大変なこと。初戦を見て雰囲気を感じ取ってくれたと思う」と後輩に日本一の夢を託した。

南区版のローカルニュース最新6件

横浜市南区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

http://www.daviusliving.jp/

セルテのレシート捨てないで!

JR関内駅前「セルテ」の3000円分レシートで、野球観戦券等あたる抽選会

http://www.certe.gr.jp/

シワや肩こり 目が原因?

エムズ皮フ科形成外科クリニックの眼瞼下垂症治療

http://ms-clinic.yokohama/

<PR>

南区版の関連リンク

あっとほーむデスク

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

横浜唯一の本格歌舞伎

横浜唯一の本格歌舞伎

青少年センターで鑑賞会

7月26日~7月27日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月15日号

お問い合わせ

外部リンク