南区版 掲載号:2016年9月29日号 エリアトップへ

知的障害児施設 「ひばりが丘」来春移転 港南区芹が谷から平塚へ

社会

掲載号:2016年9月29日号

  • LINE
  • hatena
「ひばり祭」の会場だった同学園のプラザ
「ひばり祭」の会場だった同学園のプラザ

 南区との区境にある港南区芹が谷の知的障害児施設、県立ひばりが丘学園が来年4月、平塚市内に移転する。1949年に東日本初の公立知的障害児施設として開設され、社会のニーズに応じて、役割を変えながらも地域と交流し、障害児の生活を支えてきた。10月1日には現地で最後となる学園祭「ひばり祭」が開かれる。

 戦後の混乱時、戦災孤児の中で知的障害のある子どもは、近隣の精神病院「芹香院(きんこういん)」(現・県立精神医療センター)で成人と一緒に入院していた。その中で知的障害のある子どもに医療、福祉、教育などを提供する入所施設が求められ、同学園が設立された。短期入所者も含め、現在は約40人が利用する。

 社会状況の変化とともに同学園の役割も多様化してきた。中田和之園長は「対象者のニーズが変わってきており、専門的な支援が求められている」と話す。知的障害児を中心とした支援から、虐待などにより心理的なケアが必要なケース、行動障害や発達障害など、専門的な支援が求められるようになってきたという。

 県は障害や年齢に応じた切れ目のない支援を行うため、乳児院、情緒障害児短期治療施設、障害児入所施設の3つが一体となった児童自立支援拠点を平塚市に整備。同学園の機能も新拠点に移される。さまざまな事情により家庭での生活が困難な場合や、情緒障害など、一定期間治療を必要とする子ども、知的障害などのある子どもたちを心身両面で専門的にケアする。

地域交流も

 同学園はこれまで、地域との交流に力を入れてきた。15年度に各活動の講師や通園付き添いなどでボランティアとして来園したのは、約1700人に上るという。

 また、子どもが地域の夏祭りに参加していたほか、秋の学園祭には近隣の中学校の生徒や地域住民も多く参加。中田園長は「子どもの豊かな生活を実現するにあたり、地域の方々に協力的に関わってもらえた」と感謝の言葉を口にした。

 10月1日には移転前最後の学園祭を開催する。午前10時から午後3時まで。雨天決行。飲食の模擬店やフリーマーケットなど。問い合わせは同学園【電話】045・822・3917。

横浜市南区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

南区版のトップニュース最新6

小澤さん 全国大会へ

清陵高レスリング部

小澤さん 全国大会へ スポーツ

部員3人、結束強める

2月20日号

市「もの忘れ検診」開始

市「もの忘れ検診」開始 社会

県内初、65歳以上に無料で

2月20日号

集配中に「火災警戒」

南郵便局

集配中に「火災警戒」 社会

消防署と協力覚書締結

2月13日号

交流の場担い20年

六ツ川地域ケアプラザ

交流の場担い20年 社会

23日、祭りで節目祝う

2月13日号

小学生とサロンで交流

太田東部地区

小学生とサロンで交流 文化

ゲーム楽しみ、互助育む

2月6日号

6年ぶりのマイナス編成

横浜市予算案

6年ぶりのマイナス編成 政治

IR推進に4億円

2月6日号

校内土で焼き物づくり

大岡小6年生

校内土で焼き物づくり 教育

地域に魅力伝える

1月30日号

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    2月20日1:36更新

  • 2月20日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    2月16日19:48更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

銀幕で会える歌丸さん

銀幕で会える歌丸さん

シネマリンで映画上映会

2月15日~2月21日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月20日号

お問い合わせ

外部リンク