南区版 掲載号:2017年3月16日号
  • googleplus
  • LINE

隣接市図書館、利用可能に 横浜市が4市と協定

教育

隣接市民用に横浜市の図書館が発行するオレンジ色の貸出カード
隣接市民用に横浜市の図書館が発行するオレンジ色の貸出カード
川崎、藤沢など

 横浜市は隣接する川崎、鎌倉、藤沢、大和の4市と図書館の相互利用に関する協定を締結した。これにより3月から、横浜市民も4市の図書館で本を借りることができるようになった。

 この取り組みは「横浜市民の読書活動の推進に関する条例」に基づき、市民の読書環境の整備を目的として行うもの。

 これまで横浜市民が市外で本を借りる際は、川崎市が設けている貸出サービス制度が利用できた。その他は市外に在勤・在学している場合、その自治体のルールに基づき図書館利用が可能だった。今回の協定により、買い物などで隣接する他市が生活圏となる場合、在勤・在学の有無にかかわらず図書館が利用できるようになった。

 横浜市内では全国トップクラスの約170万冊を蔵書する中央図書館=西区=をはじめ、各区の図書館や移動図書館が対象となる。

 同館企画運営課長の熊谷秀三課長は「他市と隣接する区では、生活圏が市外という人もいるはず。今回協定を結んだ中では駅の近くに大きな図書館がある市もあり、横浜市民が便利になるための相互利用」と説明する。

 他市での利用には、それぞれの図書館で利用登録が必要。横浜市を含む各市とも、本の予約は不可。返却は借りた市の図書館となる。横浜市の場合、隣接市民用にはオレンジ色の貸出カードが配布される。

2つの選べるお葬式

火葬プラン15万円、 家族葬プラン45万円

http://daviusliving.jp/hall/gumyouji/

<PR>

南区版のローカルニュース最新6件

光のぷろむなぁどの写真募集

光のぷろむなぁどに関する写真を募集しています。

http://www.yoshinoplaza.jp/2018/01/post-116.html

<PR>

南区版の関連リンク

あっとほーむデスク

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

文豪の世界に触れる

文豪の世界に触れる

永田地区センター 講座でゆかりの和菓子も

1月29日~1月29日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 抱いて、見つめて、話しかけて

    母乳育児支援コラム 36(最終回)

    抱いて、見つめて、話しかけて

    保健師 朝倉 きみ子〈喜べば 喜びごとが 喜んで喜び集めて 喜びに来る〉

    1月11日号

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年1月11日号

お問い合わせ

外部リンク