南区版 掲載号:2017年5月4日号 エリアトップへ

地区懇談会 地域力向上へ「対話」重視 5月9日から16地区で

社会

掲載号:2017年5月4日号

  • LINE
  • hatena
昨年、初めてグループ討議を採用した南永田・山王台地区の懇談会
昨年、初めてグループ討議を採用した南永田・山王台地区の懇談会

 南区の16連合町内会ごとに地域の課題を話し合う「地区懇談会」が5月9日から始まり、6月下旬まで16カ所で行われる。高齢化や防災、子育てなど、地域の実情に応じたテーマが議論される。南区役所は、参加者の対話や意見交換を活発にし、課題や対応策を共有することで、地域の力を伸ばそうとしている。

 懇談会は1969年に始まった南区独自の取り組み。南区連合町内会長連絡協議会が主催し、区長ら区役所幹部のほか、消防、警察の担当者も参加する。地域住民が課題を共有しながら、行政側と意見交換ができる場として機能してきた。

 昨年は16カ所合計で891人の住民が参加。防災や健康づくりなどを議題にし、課題解決へ向けた意見交換が行われた。昨年からそれまで設けていた地域からの要望に行政側が回答する「事前提案」の時間をなくし、課題について深く議論する方式に改めた。

 南永田・山王台地区は、16地区で唯一、7〜8人の少人数で話し合う「グループ討議」の形式を採用。参加者全員に発言してもらうことが目的で、災害対策に関して意見を交わした。ほかにも、寸劇を取り入れるなど、新しい試みもあった。しかし、1時間半の中で2〜3個の議題について議論することから、「時間が足りない」「議論が深まらない」などの感想も聞かれた。

 各連合町内会とともに懇談会の準備を進める南区地域振興課地域力推進担当では「参加者の会話がキャッチボールになるように意見交換を盛り上げたい」と懇談会を”対話”の場にしたい考えだ。

課題・対策を共有

 南区は今年度、地域のさまざまな取り組みを支援しようと、好事例を区役所内や地域全体へ紹介する事業に力を入れる方針で、地区懇談会を通し、課題と対応策を共有していく。

 懇談会の初回は5月9日の井土ヶ谷地区。ごみ対策などについて議論される予定。南区連合町内会長連絡協議会会長で同地区連合町内会の千葉六男会長は「地域の課題を考える場として多くの方に参加してほしい」と話す。

 懇談会に関する問い合わせは同担当【電話】045・341・1239。
 

横浜市南区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://ceremonyhouse.jp

<PR>

南区版のトップニュース最新6

道路損傷 LINEで通報

道路損傷 LINEで通報 社会

市、市民投稿システム導入

5月13日号

青信号点灯時間を延長

浦舟町交差点

青信号点灯時間を延長 社会

歩行者事故の防止へ

5月13日号

盲導犬の役割学ぶ

弘明寺商店街

盲導犬の役割学ぶ 社会

当事者団体が初企画

5月7日号

設置8割超も課題

住宅用火災警報器

設置8割超も課題 社会

義務化10年、個数不足も

5月7日号

主婦が企画 初マルシェ

主婦が企画 初マルシェ コミュニティ経済

こどもの日に六ツ川で

4月29日号

端末27万台、運用開始へ

市立学校

端末27万台、運用開始へ 教育

配布完了 ICT化へ一歩

4月29日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月13日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    5月12日20:09更新

  • 5月7日0:00更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

介護予防の支援者募る

介護予防の支援者募る

区が養成講習会

6月28日~7月21日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter