南区版 掲載号:2017年5月25日号 エリアトップへ

唐沢 個人宅と空き家でサロン 6月に2カ所開設

社会

掲載号:2017年5月25日号

  • LINE
  • hatena
3月に行われた「花見会」(中村地域ケアプラザ提供)
3月に行われた「花見会」(中村地域ケアプラザ提供)

 中村地区の唐沢・平楽の住民有志らで組織される実行委員会が6月5日、唐沢の住民の自宅を開放した、住民が交流できるふれあいサロン「花もよう」を開所する。さらに6月13日には、南唐沢会が主催する空き家を利用したサロンが開設。2つのサロンを定期開催し、新しい地域の交流拠点として住民への周知を図る。

 同地区は第3期南区地域福祉保健計画の中で「サロンやイベントを通した住民の顔の見える関係づくり」を目標に掲げる。開所はこの具現化を目指すもの。

家具移動しスペース

 「花もよう」で自宅を開放する唐沢在住の内田恵美子さんは、障害者らの支援を行う社会福祉法人「恵友会」の元理事長。「横浜いのちの電話」の創設者でもあり、多くの福祉活動に携わってきた。昨秋、中村地域ケアプラザから自宅開放の相談を受け「地域で何か力になれたら」と快諾。サロンは地域の町内会館などで行われることが多く、個人宅での開催は珍しい。

 内田さんは自宅の家具や調度品を2階に移動させ、約40坪の1階を開放。リビングにはテーブルやいす、ピアノも置かれ、調理を行う台所が隣接。和室もある。

 3月にプレ企画「花見会」を開催。40人以上が集まった。4月には中村地区の「唐沢協力会」「南唐沢会」「平楽会」「平楽スポーツメント自治会」の会長ら約20人が実行委員会を組織。開設に向けた準備が加速した。

 山田肇実行委員長は「顔の見える関係を作りたい」と話し、6月から毎週月曜に定期開催。お茶などを低料金で振る舞うほか、ピアノを使った音楽などで交流する。高齢者の来場を想定するが、内田さんは「『いのちの電話』をやっていたので子どもと話すようなことも今後できたら」と語る。

区が補助金

 13日には、南唐沢会主催の「南唐のあったかサロン」が開所。約1年前に空き家となった建物の内装の一部を地元の大工が改修にあたるなどし、準備が進められた。開所日は毎週火曜日と木曜日。来所者にコーヒーやお茶などが100円で提供される。活動には区の「みなみ・ちからアップ補助金」が充てられている。

 山坂の多い唐沢は高低差が大きい地域。「花もよう」は坂上の高い位置に、「あったかサロン」は坂下の平坦な場所にある。2つのサロンが開設し、坂上と坂下の住民が上り下りの移動が少なく来所できる利点も考えられる。南唐沢会会長で、中村地区連合町内会の吉井肇会長は「利用者の要望に応じて体操やゲームなど、さまざまなことを検討したい」と話し、「両方のサロンを行き来してもらえたら」と期待する。 
 

会場の空き家で看板を持つ吉井さん(左)と自治会員
会場の空き家で看板を持つ吉井さん(左)と自治会員

<PR>

南区版のトップニュース最新6

市、商店街の発行支援へ

プレミアム付き商品券

市、商店街の発行支援へ 経済

助成金で消費喚起図る

4月15日号

「外国人指導チーム」発足

南消防団

「外国人指導チーム」発足 社会

市内初、日中韓合同で

4月15日号

共有調理場で飲食店応援

南太田

共有調理場で飲食店応援 経済

製造・販売後押し

4月8日号

南区人口 ほぼ横ばい

南区人口 ほぼ横ばい 社会

市、国勢調査の結果発表

4月8日号

「小学生にマーチングを」

「小学生にマーチングを」 教育

教員、バンド設立資金募る

4月1日号

コロナ相談 委託で強化

2021年度南区予算案

コロナ相談 委託で強化 社会

感染症対策に重点

4月1日号

公明党横浜市議団

いよいよ本日、4月8日から横浜の中学校給食がスタート!

http://www.nitta-m.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 4月15日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    4月14日20:48更新

  • あっとほーむデスク

    4月11日22:09更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter