南区版 掲載号:2017年6月29日号 エリアトップへ

母乳育児支援コラム 35 抱いて、見つめて、話しかけて 保健師 朝倉 きみ子〈案外知られていないおっぱいのこと【2】〉

掲載号:2017年6月29日号

  • LINE
  • hatena

■マッサージ

妊娠中にマッサージをしておかないと母乳は出ない?

 妊娠中のマッサージが産後の母乳の分泌を増やすという確かな証拠はないようです。産後、赤ちゃんがどれだけ母乳を吸ったかということが最も重要です。

乳首が痛くなったり、傷ができるのは乳首のマッサージをしなかったから?

 妊娠中の乳首のマッサージとはあまり関係ないようです。乳首に傷を作らないためには、乳首のくわえさせ方や吸いつかせ方に気をつけましょう(横抱き、縦抱き、フットボール抱きを交互にする)。

母乳を出すためには乳房マッサージが必要?

 マッサージをしなくても赤ちゃんによって乳首に十分な刺激が与えられれば、母乳は分泌されます。赤ちゃんの自然なリズムに添った授乳によって母乳の量は赤ちゃんに調度よい量に調節されていきます。

■授乳のルール

3時間ごとに授乳をしなければならない?

 授乳の回数や間隔は赤ちゃんによってそれぞれです。母子のリズムがつくまでには1〜2カ月かかります。3時間以内に赤ちゃんがおっぱいを欲しがっても母乳不足というわけではありません。授乳期間中(月齢に関係なく)は1日10回〜20回呑んでいても構いません。

 離乳食を始めたから母乳の回数を減らしなさいという考えも間違っています。授乳回数を減らすことによりお母さんが乳腺炎になったり、赤ちゃんにおっぱいを噛まれたり、夜泣きをされたりなどなどデメリットの方が多くなる場合があります。
 

南区版のコラム最新6

横浜とシュウマイと私

連載コーナー【7】

横浜とシュウマイと私

「『ラー博』で名シュウマイを」

11月11日号

南の風にのって

松山区長の

南の風にのって

「内水」被害のことを知りましょう

11月4日号

黒澤明と横浜

〈連載〉さすらいヨコハマ50

黒澤明と横浜

大衆文化評論家 指田 文夫

10月14日号

横浜とシュウマイと私

連載コーナー【6】

横浜とシュウマイと私

「チルドの祖も横浜発祥」

10月14日号

南の風にのって

松山区長の

南の風にのって

南区内で小さな秋を探してみませんか

10月7日号

省エネで環境に貢献

省エネで環境に貢献

(株)REJ(金沢区福浦)

9月30日号

市民利用施設職員・スタッフ募集

みなみ区民利用施設協会運営の地区センターやコミュニティハウスで働きましょう

http://minami-rsk.sakura.ne.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

  • 道路整備の進展求める

    桜木東戸塚線・汐見台平戸線 ニッタオンライン市政報告59

    道路整備の進展求める

    横浜市会議員 仁田(にった)まさとし

    11月25日号

  • コロナ離職者の支援拡充

    追加の職業訓練生募集中 県政報告

    コロナ離職者の支援拡充

    立憲民主党・民権クラブ 県議会議員 きしべ 都

    11月25日号

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    11月25日18:18更新

  • 11月25日0:00更新

  • 11月18日0:00更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年11月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook