南区版 掲載号:2017年10月12日号
  • googleplus
  • LINE

硬式空手の全国大会で親子優勝を果たし、はまっこ道場の代表を務める 角田(かくた) 宜優(よしまさ)さん 中里在住 46歳

あきらめない心で

 ○…全国の強豪が集う「全日本総合空手道全日本選手権大会」を9月24日に終え、マスターズ中量級で優勝。さらに息子の拳悠君も中学生男子の部で優勝し、初の親子優勝を果たした。他流派の大会で試合形式が違うこともあったが「息子が優勝したのだから自分も負けていられないと思い、試合に臨んだ」と振り返る。

 ○…平塚市出身。もともと体が弱かったこともあり、父の勧めで中学1年生から防具を付けて行う硬式空手を始めた。その後32年間、趣味として続けている。「強くなりたくて空手を始めた。初めての試合で相手からのパンチを受けた時はショックだった」と当時を振り返り、「精神的にも強くなれた、空手を勧めてくれた父には感謝している」という。平塚市の大きな空手の会派でも道場を歴任したが、その後中里に移住。半年ほど前からドンドン商店会そばで「浜風会はまっこ道場」を構え、代表としても指導している。

 ○…はまっこ道場の生徒は現在6人。道場では選手、生徒の目線で接することができるように常に同じメニューをこなしている。「口だけではなく、実際に自分が一生懸命やる姿を見せることが大切」と力強く語る。また、試合で負けた選手にも「試合で負けても自分に負け続けないでほしい」と励まし、背中を押す。

 ○…都内の大学院を卒業した後、大手建設会社に就職。全国各地の現場を飛び回っている。現在は妻と長女、長男と暮らす。「妻と長女は空手には無関心。試合には来てくれないのでいつも息子と2人だけです」と苦笑い。平日は仕事を終えた後に道場でトレーニングを行うが、最近では新たな挑戦としてバイクの免許取得に向けて教習所にも通っている。どんなことにも一生懸命取り組み、「昨日の自分より今日の自分が成長できるように」。空手を通して学び、感じたあきらめない心を次世代の子どもに伝え、今後の空手界の発展に寄与していく。

2つの選べるお葬式

火葬プラン15万円、 家族葬プラン45万円

http://daviusliving.jp/hall/gumyouji/

<PR>

南区版の人物風土記最新6件

津ノ井 美晴さん

買い物支援団体「おもいやり隊」の代表を務める

津ノ井 美晴さん

2月15日号

倉澤 俊郎さん

働きやすい職場作りなどが市から評価された「向洋電機土木」の社長を務める

倉澤 俊郎さん

2月8日号

藤江 喜朗さん

パンなどを学校給食に提供する「かもめパン」の社長を務める

藤江 喜朗さん

2月1日号

外山 歩さん

市立日枝小学校のPTA会長で南区PTA連絡協議会の会長を務める

外山 歩さん

1月25日号

迫川 敏和さん

大岡小学校「学援隊」などの活動で弘明寺周辺の地域活動に励む

迫川 敏和さん

1月18日号

古澤 和敏さん

アマチュアボクシング元全日本王者で横浜総合高校で指導者として選手を育てる

古澤 和敏さん

1月11日号

光のぷろむなぁどの写真募集

光のぷろむなぁどに関する写真を募集しています。

http://www.yoshinoplaza.jp/2018/01/post-116.html

<PR>

南区版の関連リンク

あっとほーむデスク

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

種の不思議を学ぶ

種の不思議を学ぶ

こども植物園で展示

2月3日~3月4日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月22日号

お問い合わせ

外部リンク