南区版 掲載号:2017年10月19日号 エリアトップへ

〈連載〉さすらいヨコハマ㉙ 映画の中の横浜【4】 大衆文化評論家 指田 文夫

掲載号:2017年10月19日号

  • LINE
  • hatena

 8月19日に中区のニュースパーク(日本新聞博物館)でイベント「映画の中の横浜」を開催しました。80人の方に来場していただき、盛況でした。皆様にお礼いたします。



 横浜が舞台の映画は沢山あるが、横浜をほかの場所にしている作品もある。多分、横浜の映画で最初と思われる1933年、監督・小津安二郎の『非常線の女』には、中区日本大通りの横浜地裁や旧三井物産ビルなどが出てくる。しかし、横浜と特定されているわけではなく、近代都市としての情景である。

 60年代後半になると、予算の関係か、横浜が他都市の代わりになっている作品が多い。67年の渡哲也、浅丘ルリ子の『紅の流れ星』。渡は東京で殺人を起こし、神戸に逃げる。だが、神戸のシーンの多くは、横浜の大さん橋、万国橋、新港ふ頭で撮影されていて、渡、浅丘らスター以外は神戸に行っていない。

 66年の鈴木清順『東京流れ者』では、渡哲也は横浜や東北で活躍するが、最後に佐世保に逃げる。だが、そこは横須賀であり、佐世保ではない。

 この2作品を製作した日活は71年、ロマンポルノに転向する。(文中敬称略)
 

横浜市南区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://ceremonyhouse.jp

<PR>

南区版のコラム最新6

会社と地域を元気に

会社と地域を元気に

中区 神奈川県中小企業家同友会

5月13日号

「遊んで学べる畑」を

「遊んで学べる畑」を

保土ケ谷区 自然菜園あかね空

5月13日号

環境汚染に歯止めを

環境汚染に歯止めを

井土ヶ谷下町 金銀食品株式会社

5月7日号

南の風にのって

松山区長の

南の風にのって

自治会町内会の活動を知っていますか?

5月7日号

横浜の魅力 動画で紹介

横浜の魅力 動画で紹介 文化

市「旅気分味わって」

4月29日号

横浜とシュウマイと私

連載コーナー【2】

横浜とシュウマイと私

「横浜が聖地の理由」

4月29日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月13日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    5月12日20:09更新

  • 5月7日0:00更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

介護予防の支援者募る

介護予防の支援者募る

区が養成講習会

6月28日~7月21日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter