南区版 掲載号:2018年2月22日号
  • googleplus
  • LINE

「花こんにゃく」味わう お三の宮商店会が企画

社会

花こんにゃくを製造している小林社長(右)と参加者
花こんにゃくを製造している小林社長(右)と参加者
 横浜が発祥と言われる「花こんにゃく」を味わうイベントが2月16日、南吉田町町内会館などで行われた。お三の宮通り商店会(君嶋哲至会長)の主催。約50人が参加した。

 花こんにゃくは、かまぼこ状の練り物の周囲がギザギザになっているもので、「かまぼここんにゃく」とも呼ばれている。今年度、日枝小学校の6年3組が総合的な学習の時間で花こんにゃくに着目し、調査を続けていることを知った同商店会がイベントを企画した。

製造者の話聞く

 現在も花こんにゃくを製造している小林蒟蒻製造所=中島町=の小林茂社長を招き、おでんを食べながら話を聞いた。小林社長は「花こんにゃくは製造に手間がかかることもあり、作るのをやめたところが多い」と説明。同社は現在、かまぼこ店や一部のスーパーに出荷しているだけだという。花こんにゃくがおでんの具として親しまれるようになったのは、「ギザギザの見た目が良かったからではないか」と推測した。

 この日は商店会に加盟する「大阪王将吉野町店」でも花こんにゃくを使った回鍋肉を提供した。

南区版のローカルニュース最新6件

南区版の関連リンク

あっとほーむデスク

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

歴史知り、仲間作る

南永田山王台

歴史知り、仲間作る

「道の愛称」へ講座

9月28日~11月27日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年9月20日号

お問い合わせ

外部リンク