南区版 掲載号:2018年3月15日号
  • LINE
  • hatena

「リビングラボ」学ぶ 16日に事例紹介など

教育

 地域住民と企業、NPO法人や行政が地域の課題を解決するために、データを集め、持続可能なサービスなどを生み出す仕組み「リビングラボ」の最新の動向を学びながら、あり方を考える「横浜リビングラボ創生会議」が3月16日午後3時から、東京都市大学=都筑区=で開かれる。主催はNPO法人横浜コミュニティデザイン・ラボ。

井土ヶ谷からも

 県内で進んでいるリビングラボの事例の一つとして南区井土ヶ谷下町で昨年1月から稼働している「井土ヶ谷アーバンデザインセンター」について、管理・運営を行う住宅リフォーム会社「太陽住建」の河原勇輝社長と建物を所有する横浜市住宅供給公社の今村美幸さんが報告を行う。また、今後、西区や緑区などでリビングラボを立ち上げようとしている人の紹介もあり。

 参加費1千円。申し込みはサイト(https://peatix.com/event/361998/)から。問い合わせは同法人【電話】045・664・9009。

らら・むーぶ南

外出で、車いすや車の乗降などの介助、さまざまなお手伝いをしています

http://www.fukushi-club.net/

<PR>

南区版のローカルニュース最新6件

南区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 3月14日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    3月7日12:49更新

  • 3月2日16:24更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

絵画修復の世界語る

絵画修復の世界語る

24日、永田で講演会

3月24日~3月24日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年3月14日号

お問い合わせ

外部リンク