南区版 掲載号:2018年5月31日号
  • googleplus
  • LINE

35周年を迎えた混声合唱団コールフリージアの指揮者、指導者を務める 鈴木 昌子さん 85歳

歌の本質突き詰めて

 ○…フォーラム南太田で練習している合唱団の指揮、指導を35年間務める。5月22日に行われた35周年記念演奏会を終え、「ほっとした。合唱団設立から35年が経っても長いとは感じない。いろんな人と出会えて人生の勉強ができる」と微笑む。合唱団以外でも個人の演奏会やフランス歌曲研究会の委員として積極的に活動している。

 ○…生まれも育ちも鎌倉。叔母がオペラ歌手として活動しており、幼少期から強い憧れを持っていた。「戦後で世の中が混沌としていた中、父親からは音楽の道に進むことを反対されていた」と話す。しかし、「好きなことをしても自分で責任を持つ」という父の教えを胸に、東京藝術大学音楽学部声楽科に進学し、音楽家の道へ。卒業後は都内の学校で音楽教師として勤務したが、子育てもあり退職。音楽教室の講師として働く。

 ○…コールフリージアを設立するきっかけは県の老人福祉センター主催のサークルに講師として招かれたことからだった。「音楽教室が少なかったため、100人以上が集まった」と笑う。その後、教室は終了したが、続けたいという生徒の声から独立を決め、指導を始めた。現在、コールフリージアの団員の平均年齢は80歳を超える。笑顔で指導するが、音楽については一切妥協しない。「いろんな歌があり、一人ひとり好きな歌も違うが、本質を突き詰めてほしい」と力強く話す。

 ○…鎌倉市在住。鎌倉と南区の合唱団を指導し、個人の演奏会も行う。「年齢を理由に諦めるようなことはしたくない。目標があるから頑張れる」と笑顔。体を動かすことも好きで、時間ができたらスポーツにも挑戦したいと話す。今後はさらに団員を増やし、合唱団40周年を迎えることが目標。歌の本質を問い続ける。

南区版の人物風土記最新6件

白井 勝晃さん

体操の五輪・世界選手権金メダリスト白井健三選手の父親で競技の普及に尽力するする

白井 勝晃さん

8月2日号

石田 隆さん

横浜市管工事協同組合の理事長に就任した

石田 隆さん

7月26日号

松村 光雄さん

中村地区で認知症に関する啓発活動を行う「キャラバンメイト」を務める

松村 光雄さん

7月19日号

涌井 正夫さん

4月から南消防団の団長を務め、359人の団員をまとめる

涌井 正夫さん

7月12日号

近藤 晋平さん

永田台少年野球部の監督を務め、全国大会へ導いた

近藤 晋平さん

6月28日号

浅野 千代さん

ケアプラザなどでピアノ演奏のボランティア活動を行う

浅野 千代さん

6月21日号

残暑お見舞い申し上げます

横浜市南区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

http://www.daviusliving.jp/

<PR>

南区版の関連リンク

あっとほーむデスク

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

吉野町で本格クラシック

吉野町で本格クラシック

25日、若手注目弦楽奏者ら

8月25日~8月25日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年8月14日号

お問い合わせ

外部リンク