南区版 掲載号:2018年7月12日号
  • googleplus
  • LINE

4月から南消防団の団長を務め、359人の団員をまとめる 涌井 正夫さん 清水ヶ丘在住 69歳

まちの安全、足元から

 ○…消防団のトップとして区民の安全を守る先頭に立つ。南区に多い狭い路地、木造住宅密集地では、災害時、消防署よりも消防団の機動力が力を発揮する。「決して消防団だけで地域を守れるわけではない。地域の方に協力していただき、手を組めるところと連携したい」と意欲を見せる。喫緊の課題は団員の確保。現時点で定数の395人に36人足りない。「企業や福祉施設に声を掛け、少しずつ成果が出ている」と仲間を増やすための努力を惜しまない。

 ○…榎町の大工の家に生まれる。蒔田中では「科学部」に所属。サラリーマンを経験した後、家業を継ぐことに。町内会長だった消防団分団長から誘われ、23歳で入団。「分団長は『出初式と暮れの夜警だけ出ればいいから』と言っていたけど、すぐにポンプ操法訓練の選手にさせられた」と笑う。それでも、「年齢や職業の異なる人と接し、人のために何かをしようという気持ちが自分の財産となった」という。

 ○…翌日に分団の旅行を控えた日、宮元町の施設火災で夜通し活動したことは忘れられない。時には死者が出る現場に立ち会うこともある。「運ばれる人を見ると辛くなる」。その度に「防災の知識、意識を持った人を増やせるようにしよう」と強く願う。「どんなに大変でも『ありがとう』と声を掛けられたら気持ちが良くなる」。周囲の感謝が活動の原動力だ。

 ○…趣味はウォーキング。大岡川沿いから、藤棚やみなとみらいなど、周辺を歩く。「川沿いを歩くと落ち着くね」と緊張感が求められる団長としての役割から一瞬だけ開放される。団員としての定年が近いが、「ボランティアや人を助けることは続けたい」と50年近く消防団で培った技術や経験を地域に還元していくつもりだ。

南区版の人物風土記最新6件

齋藤 龍也さん

日本伝統工芸展で5年連続入選するなど、陶芸作品を作り続ける

齋藤 龍也さん

9月20日号

能登谷(のとや) 光さん

横浜市内商店街のチャーハンコンテストで銅賞を受賞した「のとやん」の店主を務める

能登谷(のとや) 光さん

9月13日号

櫻井 友貴さん

横浜市会のポスターデザインコンテストで最優秀賞を受賞した

櫻井 友貴さん

9月6日号

中尾 泉さん

9月3日から永田南の「ぽれぽれ」で書道作品展を開く

中尾 泉さん

8月30日号

伊藤 博子さん

南永田団地の子どもプールの運営を行う

伊藤 博子さん

8月23日号

金子 みち代さん

中国残留邦人問題に関わり、多くの家族の手助けを行った

金子 みち代さん

8月16日号

南区版の関連リンク

あっとほーむデスク

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

歴史知り、仲間作る

南永田山王台

歴史知り、仲間作る

「道の愛称」へ講座

9月28日~11月27日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年9月20日号

お問い合わせ

外部リンク