南区版 掲載号:2018年8月2日号
  • googleplus
  • LINE

六ツ川中出身 横高・齊藤選手 甲子園へ 主将でチームけん引

社会

決勝戦で安打を放ち、笑顔を見せる齊藤選手
決勝戦で安打を放ち、笑顔を見せる齊藤選手

 夏の高校野球南神奈川大会で7月29日に優勝した横浜高校=金沢区=の主将で六ツ川中学校出身の齊藤大輝選手(3年)が同校初の3連覇、18回目の甲子園出場に貢献した。昨年の主将就任以降、一時はチームが低迷したが、リーダーシップを発揮して立て直しに成功。8月5日開幕の甲子園大会で全国の頂点を目指す。

 齊藤選手は六ツ川の少年野球チーム「上三オリオン」でプレーした後、中学時は硬式野球チーム「戸塚リトルシニア」に進み、横浜高校へ。1年生からベンチ入り、2年生ではセカンドのレギュラーとして活躍。昨夏の甲子園で1回戦負けした後、主将に就任した。

大敗から立て直し

 昨年9月の県大会で鎌倉学園高校にコールド負けの屈辱を味わった。齊藤選手は「負けた後、1カ月くらいは練習で声も出ず、チームが盛り上がらなかった」と振り返る。その後、仲間とともに考えた練習方法を平田徹監督に伝え、それが取り入れられるなど、チームの再建に腐心した。その成果もあり、今春の県大会では鎌倉学園にコールド勝ち。2年連続甲子園出場の実力を取り戻した。

監督「全幅の信頼」

 今夏の大会では全6試合とも3番・セカンドで出場。決勝の相手は因縁の鎌倉学園。自らも2安打を放ったほか、守備でピンチの際は真っ先に投手へ駆け寄って声を掛けるなど、チームをまとめ、7―3で優勝を決めた。

 チームメイトの長南有航選手(3年)は「主将が中心になって、練習に取り組む姿勢をみんなに行動で示してきた」と語り、平田監督も「全幅の信頼を置いている」というように、チームにとって精神的にも大きな存在になっている。

 試合後のインタビューで横浜スタジアムを埋め尽くした約3万人の観客を前に齊藤選手は「100回記念という節目の大会なので、日本一になりたい」と力強く宣言。松坂大輔投手を擁した1998年以来、20年ぶりとなる夏の日本一へチームを引っ張っていく。



 南神奈川大会に南区から出場した横浜商業高校と横浜清陵高校はともに3勝してベスト16入り。関東学院高校は初戦で敗れた。
 

南区版のトップニュース最新6件

阪東橋駅付近が県内最多

人身事故発生件数

阪東橋駅付近が県内最多

9月20日号

南消防団に6人入団

南太田佐藤病院

南消防団に6人入団

9月20日号

チャーハン対決で銅賞

弘明寺のとやん

チャーハン対決で銅賞

9月13日号

六つ川小 畑から縄文石器

弘明寺でハチミツ作り

大岡小卒業生

弘明寺でハチミツ作り

9月6日号

外国人向けに生活ガイド

南区版の関連リンク

あっとほーむデスク

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

歴史知り、仲間作る

南永田山王台

歴史知り、仲間作る

「道の愛称」へ講座

9月28日~11月27日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年9月20日号

お問い合わせ

外部リンク