南区版 掲載号:2019年4月18日号 エリアトップへ

栄養士が教える食育コラム 7 新学期!お弁当作りのための衛生管理簡単ポイント その2 管理栄養士 山田恵子〈特別養護老人ホーム勤務〉

掲載号:2019年4月18日号

  • LINE
  • hatena

 前回に続き、お弁当作りのための衛生管理について。基本的な食中毒対策(バイキンばいばいポイント)は3つで、原因菌をつけない、増やさない、加熱するでしたね。

 今回は、お弁当に詰める時の注意点をお話しします。

 作ってから食べるまで時間があるお弁当では、詰める時に「イタミマセンポイント」があります。

 水分を減らす、冷ましてから詰める、直接食品に触らないの3つです。

水分を減らす

 お弁当箱の側面、容器、カップ等についた水滴も細菌が増える原因になります。よく乾かすか、良く拭いて乾燥したものを使いましょう。煮物などの汁が多い食品は、一度ザルに上げて水気を切りましょう。汁がこぼれることもなく良いことづくめです。

冷ましてから詰める

 中心まで温かいまま食材をお弁当箱に詰めると、中心温度が下がらず、細菌が好む温度が長時間続いてしまいます。

 せっかく加熱しても、中心温度が高いと傷みやすくなります。必ず、ご飯もおかずもよく冷ましてから入れてください。特に味付けご飯やチキンライスなどは、温度がこもるのでよく冷ましてください。

 保温ジャーは一定の温度を保つので、あたたかいまま入れてかまいません。

直接食品に触らない

 よく洗っても、手には雑菌がついています。調理用手袋は扱いにくいので、菜箸やおにぎりの時にはラップを活用しましょう。キャラクター弁当を作る時には、手よりも竹串の方が小さい海苔のパーツもつけやすく衛生的です。

 栄養ケアステーション白朋苑では、乳幼児のお子さんから高齢者まで、お食事についてもご相談を伺っております。お気軽にお問い合わせ下さい。

横浜市南区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

南区版のコラム最新6

新学期!お弁当作りのための衛生管理簡単ポイント その1

栄養士が教える食育コラム 6

新学期!お弁当作りのための衛生管理簡単ポイント その1

管理栄養士 山田恵子〈特別養護老人ホーム勤務〉

4月4日号

桜の季節

〈連載〉さすらいヨコハマ37

桜の季節

大衆文化評論家 指田 文夫

3月28日号

映画の中の横浜市役所

〈連載〉さすらいヨコハマ36

映画の中の横浜市役所

大衆文化評論家 指田 文夫

2月14日号

ノロウイルスのお話し

栄養士が教える食育コラム 5

ノロウイルスのお話し

管理栄養士 山田恵子〈特別養護老人ホーム勤務〉

2月14日号

深夜の発熱でもすぐ飲める自宅で作る経口補水液

栄養士が教える食育コラム 4

深夜の発熱でもすぐ飲める自宅で作る経口補水液

管理栄養士 山田恵子〈特別養護老人ホーム勤務〉

1月31日号

健康に良いとされる食品摂り過ぎにご注意を!!

栄養士が教える食育コラム 2

健康に良いとされる食品摂り過ぎにご注意を!!

管理栄養士 山田恵子〈特別養護老人ホーム勤務〉

12月13日号

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    5月23日16:57更新

  • あっとほーむデスク

    5月18日22:45更新

  • あっとほーむデスク

    5月17日14:42更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月23日号

お問い合わせ

外部リンク