南区版 掲載号:2019年4月25日号 エリアトップへ

初の外国人用防災ガイド 消防署、地震・大雨対応示す

社会

掲載号:2019年4月25日号

  • LINE
  • hatena
作成されたガイド
作成されたガイド

 南消防署は外国人向けの防災ガイドを初めて作り、配布を始めた。外国籍住民が増え続ける中、地震や大雨の想定、119番通報の方法などをやさしい日本語でまとめたもので、消防署は「多くの外国人に届けたい」としている。

 南区の外国籍住民は年々増え続けている。3月末時点で市内全体の約1割にあたる1万345人の外国人が暮らしており、中区、鶴見区に次いで、市内18区中3番目に多い。以前から外国人に対して生活情報をどう届けるかが課題になっていた。昨年、南区役所が来日初期の外国人向けに生活ルールをまとめた冊子を作ったが、防災に特化した情報誌の作成は南区では初めて。

災害の多さ説明

 作成した「外国人のための南区防災ガイド」はA4判8ページの折り畳み式。外国人でも分かりやすい言葉で書かれ、漢字にルビが振られている。

 地震について「世界で起きた地震の20・5%が日本で起きています」と説明し、外国に比べて災害が多いことを紹介。地震に備えた防災用品の準備や家具転倒防止の方法、発生時、発生後の行動についてイラスト入りで解説している。

 風水害の項目では、大雨の際に出される注意報や警報の流れを説明。火災に関しては、こんろやたばこなど、市内の住宅火災の原因上位5件について注意点を紹介した。

訓練で活用も

 外国人住民は自治会町内会に加入しているケースが少なく、地域の防災訓練への参加も多くない。外国籍に関係する児童が全校の半数以上を占める南吉田小学校は、寿東部連合町内会と合同で地域防災拠点の訓練を行っている。しかし、南消防署は「訓練の意味が分からない外国人も多い」と話し、今後は訓練時の配布や活用も検討する。

 消防署はガイドを不動産業者など通し、外国人に渡してもらえるようにしている。外国語版や子ども用ガイドの作成も検討していく。
 

横浜市南区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

南区版のトップニュース最新6

五輪への機運高める

2020年度南区予算案

五輪への機運高める 社会

自主企画に約1億円

2月27日号

市、民間企業で実証実験

短時間テレワーク

市、民間企業で実証実験 経済

女性の就労機会創出へ

2月27日号

小澤さん 全国大会へ

清陵高レスリング部

小澤さん 全国大会へ スポーツ

部員3人、結束強める

2月20日号

市「もの忘れ検診」開始

市「もの忘れ検診」開始 社会

県内初、65歳以上に無料で

2月20日号

集配中に「火災警戒」

南郵便局

集配中に「火災警戒」 社会

消防署と協力覚書締結

2月13日号

交流の場担い20年

六ツ川地域ケアプラザ

交流の場担い20年 社会

23日、祭りで節目祝う

2月13日号

6年ぶりのマイナス編成

横浜市予算案

6年ぶりのマイナス編成 政治

IR推進に4億円

2月6日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    2月29日21:27更新

  • あっとほーむデスク

    2月29日17:21更新

  • 2月28日20:51更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

外交官が見たニッポン

外交官が見たニッポン

みなとみらいで写真展

3月4日~3月9日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 市グッドバランス賞 企業紹介【3】

    "今"に合う働き方を

    六ツ川 日本工業所(設備工事業)

    2月27日号

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月29日号

お問い合わせ

外部リンク