南区版 掲載号:2019年5月1日号 エリアトップへ

広がる「子どもの居場所」 食堂や学習支援など

社会

掲載号:2019年5月1日号

  • LINE
  • hatena
睦地域ケアプラザで開かれているこども食堂
睦地域ケアプラザで開かれているこども食堂

 平成から令和へ―。新時代を担う子どもを支えようとする居場所づくりが南区内の各地で進んでいる。施設や寺など、さまざまな担い手が、こども食堂や学習支援などを行い、活動を知った人が新たな居場所を作ろうとするなど、広がりを見せている。

 特に増えているのが、子どもと大人が食事や遊びを通して交流を図る「こども食堂」。堀ノ内睦町地区は、睦地域ケアプラザなどを使い、毎週土曜日に週替わりでこども食堂が開かれている。ケアプラザが音頭を取り、主婦や障害者支援団体などに呼び掛け、それぞれが月1回、子どもに食事を提供しながら、子どもと大人が遊ぶ。食堂は「毎週化」から1年が経過し、地域に定着しつつある。

 南太田の「常照寺」で2016年に始まった「横浜てらこや食堂」は月1回開催で、多い時には100人近い親子が集まる。同寺の伊東政浩さんは「子どもに感謝の気持ちを伝えたい」と寺らしさを生かした運営を続ける。

 ほかにも、食堂と同時に学習を支援する施設や団体も増えてきた。

 こうした子どもの居場所が広がる背景には、地域ケアプラザや公共施設などによって構成される「南区子どもの居場所づくりネットワーク」の存在がある。2月には20カ所の居場所をまとめたマップを作成した。

 ほかの活動を見て、新たな居場所づくりに取り組むケースも出てきた。これまで複数の食堂の支援をしてきた女性は「自分も役に立てれば」と既存の施設を使ってこども食堂や地域住民が集まれる居場所づくりの準備を進める。ネットワークのメンバーは「団体同士が連携すれば、もっと大きな輪になるのでは」と話し、担い手の情報交換を積極的に進める意向だ。
 

横浜市南区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

南区版のトップニュース最新6

ボランティアが活動継続

外国籍生徒学習支援

ボランティアが活動継続 教育

有志団体、協力者募る

5月23日号

60年の「家庭保育」に幕

永田北矢後さん

60年の「家庭保育」に幕 社会

親子2代、自宅で運営

5月23日号

開店3年 障害者の励みに

区庁舎内喫茶店

開店3年 障害者の励みに 社会

20日から周年記念企画も

5月16日号

全校で当日注文可能に

ハマ弁

全校で当日注文可能に 教育

喫食向上へ、28日から

5月16日号

「弘明寺から健康・福祉を」

「弘明寺から健康・福祉を」 社会

市民のまちづくり始動

5月1日号

空き店舗を交流拠点に

南永田団地

空き店舗を交流拠点に 社会

住民発意で憩いの場開設

4月25日号

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    5月23日16:57更新

  • あっとほーむデスク

    5月18日22:45更新

  • あっとほーむデスク

    5月17日14:42更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月23日号

お問い合わせ

外部リンク