南区版 掲載号:2019年9月5日号 エリアトップへ

関東学院中高ダンス部 フラ甲子園で初の3位 創部6年で県勢最高

スポーツ

掲載号:2019年9月5日号

  • LINE
  • hatena

 関東学院中高ダンス部が8月18日、福島県で行われた「全国高等学校フラ競技大会(フラガールズ甲子園)」に出場し、神奈川県勢で過去最高の3位(優秀賞)に輝いた。6度目のフラ甲子園でようやくつかんだ快挙に部員は「地道な練習が結果に出て嬉しい」と喜んでいる。

 同大会は今年で9回目。北は秋田県、南は沖縄県の高校26チームが参加。課題曲と自由曲で踊りを披露し、演技の構成力や表現力などを競った。

 関東学院からは高校生10人が出場。息の合ったステップと曲調をとらえた表現力で審査員の心をつかんだ。衣装も工夫し、南国の明るい雰囲気が漂う課題曲ではトロピカルな黄色、情熱感ある自由曲では真っ赤な衣装で臨んだ。ブレスレッドなどの装飾品は自分たちで作り、結束力を強めた。

 部長の増田結衣穂さん(3年)は「挑戦者のつもりで臨んだ」という。センターで踊った伊藤那菜さん(2年)は「緊張したが、3年生と踊れる最後の大会だと思い、誇りを持って踊った」とチームを引っ張った。

 週4回の練習は学校の玄関口が活動拠点で決して恵まれている環境ではない。それでも「場所を頂けているだけで感謝」と部員は口を揃える。限られた環境で培った集中力も好結果につながった。

表現力アップ

 福島県勢は今回も9校が出場。過去に最優秀賞を6回獲得するなど、他県から一目置かれた存在。映画「フラガール」の舞台でもあり、フラダンスが盛んな地域だ。関東学院も過去4回の出場で、福島県勢の高い壁に何度も跳ね返されてきた。

 強豪と互角に勝負できるかを考え、出た結論が「表現力向上」と「ステップ強化」。顧問の石井奈津希教諭=人物風土記で紹介=は、表現に悩んでいる部員の手に香水をつけ、香りで曲の世界観を想像するようにアドバイス。さらに、基本のステップを反復練習。全員の動きが揃うまで繰り返し確認した。地道な努力によって、創部6年で悲願の優秀賞を手にした。

地元の声援励みに

 チーム名の「ゴールデンハワイアンズ」は学校最寄駅の「黄金町」からとった。副部長の佐藤陽奈子さん(3年)は「地元の声援が活動の励みになっている」と話す。「地元への感謝を忘れずに」と浦舟町の老人ホームなどで演技を披露し、地元から愛されるチームづくりを心掛けている。

 新チームの部長に選ばれた小島咲さん(2年)は「先輩方が積み上げてきたものを守り、個性あるメンバーをまとめていきたいです」と意気込みを語った。
 

横浜市南区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

南区版のトップニュース最新6

まちカフェで「ボッチャ」

まちカフェで「ボッチャ」 文化

障害の垣根なく"強い絆"を

11月21日号

脱プラへ 木製ストロー

横浜市

脱プラへ 木製ストロー 社会

間伐材使い独自開発

11月21日号

「助郷」保存会 初の出張展示

「助郷」保存会 初の出張展示 文化

江戸の制度、24日永田で

11月14日号

県内不足数、3万人超

看護職員

県内不足数、3万人超 社会

厚労省が2025年推計公表

11月14日号

プラごみ削減法考える

日枝小 4年生

プラごみ削減法考える 教育

環境活動企業から学ぶ

11月7日号

難民支援に国際高生ら

難民支援に国際高生ら 社会

金メダリスト企画に協力

10月31日号

宮崎さんに神奈川文化賞

堀ノ内町の漆器工芸師

宮崎さんに神奈川文化賞 文化

国内唯一の芝山漆器職人

10月31日号

あっとほーむデスク

  • 11月21日0:00更新

  • 11月14日0:00更新

  • 11月7日0:00更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

個性豊かな作品展

個性豊かな作品展

22日から吉野町

11月22日~11月25日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月21日号

お問い合わせ

外部リンク