南区版 掲載号:2019年9月12日号 エリアトップへ

六つ川小芦田さん 空手国際大会で銅メダル 母と二人三脚、栄光つかむ

スポーツ

掲載号:2019年9月12日号

  • LINE
  • hatena
銅メダルと賞状を持つ芦田さん
銅メダルと賞状を持つ芦田さん

 市立六つ川小学校5年生の芦田聖莉さんが8月17日、18日に、タイで行われた「第2回アジア・オセアニア空手道世界選手権大会」に出場し、個人組手・11歳女子の部で銅メダルを獲得した。

 同大会には、各国の主要大会で好成績を収めた選手が参加。個人組手、個人型、団体戦の3種目に分かれて競った。

 芦田さんは体格で勝る外国選手の攻撃に一歩も怯まず、得意の中段突きが決まり、初の国際大会で躍動。約140cmの小柄な体を目いっぱい使った。帰国後、芦田さんは「初の海外で緊張し、最初は思うように体が動かなかったけど、『勝ちたい』という強い気持ちで戦えた。いつも支えてくれる家族や師範に感謝したい」と笑顔を見せた。

強い気持ちで

 内気な性格を変えたいと小2で空手を始めた。格闘技好きの母・和恵さんの後押しも大きかった。始めて間もない頃、痛みなどの恐怖心から「辞めたい」と弱気になる娘に、和恵さんは「胴着を捨てようか」と叱咤。母の熱い思いに泣きながら「空手を続けさせてください」と応えた。芦田さんは、このやり取りがあったから続けていく覚悟ができたと話し、勝利への意識も高まったという。

 それからは「人の5倍練習する」をモットーに掲げ、稽古から帰宅しても自主練に没頭。多い時は4時間にも及び、和恵さんに技の確認などをしてもらっている。芦田さんが通う横浜抱一龕道場師範の浜勝二さんも「本人の努力が一番だが、お母さんの献身的なサポートが彼女を強くしている」と称える。

 ストレスを溜めないように食事制限はしていないが、鶏のささ身やプロテインなど高タンパクなものを摂取し「強い体」を目指している。

 芦田さんは「組手だけでなく型の部でも結果を残し、誰からも認められる選手になりたい」と今後の目標を語った。

南区版のローカルニュース最新6

ウォーク企画コース図公開

ウォーク企画コース図公開 社会

開催中止で過去分

7月9日号

新庁舎に癒しの音楽

新庁舎に癒しの音楽 文化

市民広間演奏会始まる

7月9日号

手作りイラスト バッグに

六ツ川の幡野さん

手作りイラスト バッグに 社会

弘明寺のパン店から「エコ」

7月9日号

「熱中症に気を付けて」

「熱中症に気を付けて」 社会

夏本番、区が注意喚起

7月9日号

若者の起業家育成5回講座

若者の起業家育成5回講座 経済

市が参加者募集

7月9日号

バス・地下鉄の写真募集

バス・地下鉄の写真募集 社会

市営交通カレンダー企画

7月9日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    7月6日18:45更新

  • 7月5日12:00更新

  • 7月2日0:00更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

善意のコンサート

善意のコンサート

7月12日、清水ヶ丘教会

7月12日~7月12日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年7月9日号

お問い合わせ

外部リンク