南区版 掲載号:2019年9月12日号 エリアトップへ

南が丘中和田亘平さん 初の全国 大きな一歩 陸上110m障害で健闘

スポーツ

掲載号:2019年9月12日号

  • LINE
  • hatena
高校でも飛躍を誓う和田さん
高校でも飛躍を誓う和田さん

 市立南が丘中学校(市之瀬雅夫校長)陸上部の和田亘平さん(3年)が8月23日、大阪市・ヤンマースタジアム長居で行われた「第46回全日本中学校陸上競技選手権大会」の男子110m障害に出場した。14秒58と全体26位で予選敗退となったが、和田さんは「予選敗退は悔しいけど、格上のトップ選手たちと走れて良い刺激になった」と前を向く。

 同大会には各都道府県大会で参加標準記録に満たした選手が参加。同中陸上部の選手が出場するのは初めてで、和田さんは部に新たな歴史を刻んだ。あと0・02秒届かず、記録上位24人で競う準決勝進出はならなかったが、堂々とした走りでチームメイトの声援に応えた。

 レース直前、胸に手を当て「今までの練習を思い出せ」と自らを鼓舞。「雨で体を冷やしてしまったのが反省点。少し体が重かったかな」とレースを振り返りながらも、「リラックスし、自分の走りができたことは合格点」と笑顔を見せた。

地道な自主練奏功

 「努力が明確に表れ、やりがいを感じる」と中学から打ち込む陸上だが中1の冬に腰痛を発症。2カ月間走れない日々が続いた。復帰後、遅れを取り戻したいと始めたのが自主練の「坂道ダッシュ」。今でも学校近くの急こう配の坂を毎日黙々と駆け抜けている。顧問の深沢新也教諭は「練習熱心でチームの模範となっている」と称える。

 さらに今年2月から好物のチョコレートとグミを封印。食物繊維が豊富なバランスの摂れた食事を心掛けた。「今の体は家族の献身的なサポートあってのもの」と感謝の言葉を述べる。

 全国大会という大舞台に立ったが、未だ県大会での優勝経験がないという。秋の県大会では、「今まで1度も敵わなかったライバルに勝って気持ち良く卒業したい」と意気込む。高校でも競技を続ける意向を示し、「『全国で勝てる選手』を目指し、インターハイで入賞したい」と力強く話した。
 

南区版のトップニュース最新6

まちカフェで「ボッチャ」

まちカフェで「ボッチャ」 文化

障害の垣根なく"強い絆"を

11月21日号

脱プラへ 木製ストロー

横浜市

脱プラへ 木製ストロー 社会

間伐材使い独自開発

11月21日号

「助郷」保存会 初の出張展示

「助郷」保存会 初の出張展示 文化

江戸の制度、24日永田で

11月14日号

県内不足数、3万人超

看護職員

県内不足数、3万人超 社会

厚労省が2025年推計公表

11月14日号

プラごみ削減法考える

日枝小 4年生

プラごみ削減法考える 教育

環境活動企業から学ぶ

11月7日号

難民支援に国際高生ら

難民支援に国際高生ら 社会

金メダリスト企画に協力

10月31日号

宮崎さんに神奈川文化賞

堀ノ内町の漆器工芸師

宮崎さんに神奈川文化賞 文化

国内唯一の芝山漆器職人

10月31日号

横浜市南区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

あっとほーむデスク

  • 11月21日0:00更新

  • 11月14日0:00更新

  • 11月7日0:00更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

個性豊かな作品展

個性豊かな作品展

22日から吉野町

11月22日~11月25日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月21日号

お問い合わせ

外部リンク