南区版 掲載号:2019年10月3日号 エリアトップへ

横浜商業バトン部 交通安全活動で感謝状 警察から、市内高校で初

社会

掲載号:2019年10月3日号

  • LINE
  • hatena
桜まつりでの演技
桜まつりでの演技

 市立横浜商業高校(Y校)のバトントワリング部が南区の交通安全運動に貢献したとして、9月30日に南警察署から感謝状を受け取った。南まつりや交通安全パレードへの参加が評価されたもので、交通安全活動で警察から高校に感謝状が贈られるのは市内で初めてだという。

 同部は毎年、春の交通安全運動のパレードで演技を披露。南警察署は「さわやかな演技が南区の交通事故防止に貢献している」と感謝する。そのほか、毎年5万人が来場する「南まつり」や、春の風物詩となっている「南区桜まつり」などにも参加し、華やかな演技を披露。地域との交流や南区を思う活動が評価され、感謝状が贈られた。

 同部は9月21日に横浜国際総合競技場=港北区=で行われたラグビーW杯のニュージーランド対南アフリカ戦で、試合前のパフォーマンスに出演。両国の国旗色に合わせた青と緑のポンポンを持ち、日の丸を彷彿させる赤いTシャツを着て演技。集まった6万人の観客からは大きな拍手が送られた。

「どんな時も笑顔で」

 部員15人と比較的少ない。主な活動場所は校門から入ってすぐの広場で、本格的な指導を受けられるは外部コーチによる月2回だけ。そのため、山本桃花さん(3年)がコーチ、森脇聖良さん(同)がプレイヤーとして部に残り、チームを支える。

 校門前でよく練習を見るという女性は「限られたスペースでひた向きに練習する姿に感動する」と日ごろから同部を応援する声は多い。

 9月29日にあった「バトントワーリング神奈川県大会」ではQUEENの「Don`t Stop Me Now」に合わせた軽快なダンスで観客を魅了。11月の関東大会への切符を手に入れ、その先の全国大会を目指す。外部コーチの南田弘美さんは「各々が自分の役割を理解して活動している。月2回しか指導できない中、本当によく頑張ってくれている」と称える。

 チームの合言葉「一笑懸踊」には、常に笑顔で踊るなどの思いが込められている。部長の谷田知花さん(2年)は「どんな時も笑顔を大切に頑張りたい」と話した。
 

南区版のトップニュース最新6

まちカフェで「ボッチャ」

まちカフェで「ボッチャ」 文化

障害の垣根なく"強い絆"を

11月21日号

脱プラへ 木製ストロー

横浜市

脱プラへ 木製ストロー 社会

間伐材使い独自開発

11月21日号

「助郷」保存会 初の出張展示

「助郷」保存会 初の出張展示 文化

江戸の制度、24日永田で

11月14日号

県内不足数、3万人超

看護職員

県内不足数、3万人超 社会

厚労省が2025年推計公表

11月14日号

プラごみ削減法考える

日枝小 4年生

プラごみ削減法考える 教育

環境活動企業から学ぶ

11月7日号

難民支援に国際高生ら

難民支援に国際高生ら 社会

金メダリスト企画に協力

10月31日号

宮崎さんに神奈川文化賞

堀ノ内町の漆器工芸師

宮崎さんに神奈川文化賞 文化

国内唯一の芝山漆器職人

10月31日号

あっとほーむデスク

  • 11月21日0:00更新

  • 11月14日0:00更新

  • 11月7日0:00更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

個性豊かな作品展

個性豊かな作品展

22日から吉野町

11月22日~11月25日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月21日号

お問い合わせ

外部リンク