南区版 掲載号:2020年2月13日号 エリアトップへ

六ツ川地域ケアプラザ 交流の場担い20年 23日、祭りで節目祝う

社会

掲載号:2020年2月13日号

  • LINE
  • hatena
20周年を記念し、配布する予定のエコバッグを手にするケアプラザの職員
20周年を記念し、配布する予定のエコバッグを手にするケアプラザの職員

 六ツ川地域ケアプラザ(菊池秀明所長=人物風土記で紹介)が開所20周年を迎えた。福祉にとどまらない地域活動、交流の拠点として住民に親しまれている存在になっている。2月23日には節目を祝う「六ツ川地域ささえあいまつり」を六ツ川地区連合自治会と六ツ川大池地区連合自治会と開催する。

 同所は2000年開所。指定管理者として、社会福祉法人横浜大陽会が運営する。

 デイサービスや地域包括支援センターなどの介護事業だけではなく、多世代交流の拠点としての役割も果たしている。

「楽しい」を体現

 親子で参加できるダンス教室や囲碁将棋サロンといった幅広い講座を開き、地域住民の「楽しい」を体現する。同所と同じく20年、六ツ川に住む女性は「講座を通して新しいつながりができた特別な場所」と福祉活動の拠点にとどまらない存在になっている。

 「六ツ川に根ざした施設」をモットーに、町内会の夏祭りなど、地域の行事にも積極的に参加。今年度は30以上の催事に携わるなど、活動の場は広がりを見せる。

 20年の節目を祝おと、23日に「六ツ川地域ささえあいまつり」を開く。昨年まで実施していた「みんなで交流ケアプラまつり」を新装する形での開催となる。

 以前から好評の模擬店に加え、新コーナーを盛り込んで生まれ変わる。キーホルダーやコースターを作る「こども手芸コーナー」、「ケアプラ20周年記念ブース」といった節目を祝う企画も目白押し。記念ブースでは、環境保全の推進などを掲げたエコバッグ500個が配られる(先着順)。そのほか、同所を拠点に活動するサークルや血管年齢などを測る健康測定なども行われる。

 六ツ川地区連合自治会の会長で、ささえあいまつりの実行委員長を務める最上直さんは「施設の20周年を祝うにふさわしい祭りになる。子どもから大人まで楽しめる内容なので家族や友人と一緒に来てもらえれば」と参加を呼び掛けている。

 午前11時から午後2時30分。入場無料。雨天時は内容を変えて開催。問い合わせは同所【電話】045・716・0680。

横浜市南区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

南区版のトップニュース最新6

外国ルーツの子へ昼食を

中村町NPO

外国ルーツの子へ昼食を 社会

一斉休校 「第3の居場所」に

3月26日号

バス乗り継ぎ割引終了

区西部発区庁舎行き

バス乗り継ぎ割引終了 社会

利用者1日1人以下で幕

3月26日号

「給食代わりに食べて」

井土ヶ谷中華料理店

「給食代わりに食べて」 社会

一斉休校受け、食事支援

3月19日号

独立リーグ 神奈川に入団

蒔田中出身東さん

独立リーグ 神奈川に入団 スポーツ

野球で地元に恩返し

3月19日号

桜まつり中止 落胆の声

コロナ感染拡大防止策

桜まつり中止 落胆の声 社会

商店売上減加速の懸念も

3月12日号

ウガンダと絵でつながる

日枝小4年生

ウガンダと絵でつながる 教育

水題材に共同アート制作

3月12日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月30日14:09更新

  • あっとほーむデスク

    3月27日14:18更新

  • 3月26日19:00更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年3月30日号

お問い合わせ

外部リンク