南区版 掲載号:2020年2月27日号 エリアトップへ

六ツ川中出身 並木さん 青梅マラソンV 高校10Km 箱根目指し東農大へ

スポーツ

掲載号:2020年2月27日号

  • LINE
  • hatena
大学での飛躍を誓う並木さん
大学での飛躍を誓う並木さん

東京実業3年生

 六ツ川中学校出身で東京実業高校=東京都大田区=3年の並木寧音(ねお)さんが2月16日に東京都青梅市であった「青梅マラソン」男子10Km高校生の部で優勝した。4月から東京農業大学に進学予定で、箱根駅伝に出場し、自宅付近がコースの2区を走ることを夢見る。

 青梅マラソンは市民ランナーからエリートランナーまで参加する。今大会のメイン種目である30Kmでは、女子の部で東京五輪のマラソン代表に内定している前田穂南選手が日本記録で優勝するなど、注目度が高い。

 男子10Km高校生の部には179人が参加。並木さんは前半、先頭を見られる位置をキープし、後半にスパート。2位に15

秒差を付ける30分24秒のタイムで優勝した。

 並木さんは小学生の時は野球をしていたが、六ツ川中で陸上を始める。3千mで県大会に出場するなどの成績を残し、「人として成長できる」という理由で東京実業高を選んだ。2年生時に関東大会の5千mで6位になるなど、力をつけた。

 チームが目標にしていた全国高校駅での都予選(7位)終了後は、大学進学を見据え、自主練習を重ねた。青梅マラソンは過去に同校から4人が優勝していた大会で「高校3年間の集大成のつもりで臨んだ」という。

近所の「2区」走る

 4月からは「練習環境が整っている」と東農大に進むことを決断。以前は箱根駅伝の常連だった同大学も、本選出場は2014年が最後。「箱根駅伝に戻れるようにしたい」と言葉に力が入る。自宅そばが駅伝2区のコースでもあり、自主練習で名物の権太坂を走ることもある。「近所を走れば、知っている人も応援してくれる。まずはけがをしないように大学で練習を積み、スピードとスタミナをつけたい」と話し、大きな舞台での活躍を目指す。
 

直葬でも心ゆくまでのお別れを

横浜市西区の直葬、家族葬斎場・ラステル久保山 個室面会室付きでアクセスも良好

http://004400.jp

<PR>

南区版のローカルニュース最新6

7校が新校長に

7校が新校長に 教育

市立学校の人事異動

4月2日号

夏の南まつり1日短縮開催

献血協力を呼び掛け

献血協力を呼び掛け 社会

新型ウイルス、影響で減少

3月19日号

6年生球児 思い出の一戦

6年生球児 思い出の一戦 スポーツ

南シニアが大会企画

3月19日号

下町・人情 写真で表現

下町・人情 写真で表現 社会

区がサイトで魅力発信

3月19日号

「お米育った、ありがとう」

石川小5年

「お米育った、ありがとう」 社会

田植え体験 協力者に感謝

3月19日号

介護施設の紹介はハピネス

入居時の身元保証は一般社団法人 高齢者住宅支援機構へ

光のフォトコンテスト

2月26日~3月1日、吉野町市民プラザ

https://www.facebook.com/ohokagawaart/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    4月2日20:51更新

  • 3月31日11:42更新

  • あっとほーむデスク

    3月31日9:57更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年4月2日号

お問い合わせ

外部リンク