南区版 掲載号:2020年3月19日号 エリアトップへ

井土ヶ谷中華料理店 「給食代わりに食べて」 一斉休校受け、食事支援

社会

掲載号:2020年3月19日号

  • LINE
  • hatena
利用した子どもからのメッセージを前に笑顔の鐘本さん
利用した子どもからのメッセージを前に笑顔の鐘本さん

 新型コロナウイルスの感染拡大防止による一斉休校で、子どもの食事に困る家庭を助けようと、井土ヶ谷中町の中華料理店「チャイナ飯店」が3月3日からバランスのとれた定食を安価で提供している。販売対象は小中学生。店主の鐘本漢(かん)威(い)さんは「休校で子どもの昼食に苦労する家庭が多いと聞く。給食の代わりに食べてもらえれば」と話す。

 同店は「食事の用意に困る家庭の役に立ちたい」と午前11時から午後3時のランチタイムに、小中学生を対象にした定食を販売。白米とスープのおかわりが自由で、「お腹いっぱい食べてもらいたい」との思いが込められている。

 お小遣いで食べれるよう、価格は300円に設定。学校給食と同様に主食、主菜、副菜などを組み合わせた定食は日替わりで、麻婆豆腐や肉野菜炒め、豚肉の生姜焼きなどが出される。

 食物アレルギーのある子どもにも安心して利用してもらおうと、アレルゲンが含まれないメニューの提供も行う。

孤食させない一心で

 鐘本さんは「一斉休校後、公園のベンチに座って寂しそうに食事をとる子どもを目にする機会が増えた」と危惧。父・健豪さんの代から約30年、地元に根差した飲食店として何かしらの役に立ちたいと奮起し、「300円定食」の提供に踏み切った。

 一方、新型コロナウイルスの影響で人を集めてはいけないという風潮が広がる中、「注目が集まりそうな企画を実施して良いのか」などの葛藤もあったという。

 そんな中、後押ししたのは妻・愛さん。感染防止対策として、店内消毒のほか、営業中は窓を開けるなど換気を徹底。さらに、小学生3人を育てる”ママ友ネットワーク”を駆使し、共働きなどの理由で昼食の用意に困る家庭に呼び掛けた。

 多い日には10人ほど来て、子どもたちからは「ありがとう」など、感謝の気持ちを記した寄せ書きが届けられている。

広がる支援の輪

 仕入れた野菜を販売し、その売り上げを全額こども食堂に寄付する社会貢献活動にも取り組む。鐘本さんは「野菜の購入のほか、ご厚意で寄付してくれるお客様もおり、活動の支えになっている」と感謝の言葉を述べる。また、「今後も300円定食の提供とこども食堂の支援を継続して行っていきたい」としている。

 同店ではウイルス感染を防ぐための消毒や換気を徹底するほか、食事後は長居せず、なるべく早く退店するように協力を呼び掛けている。

<PR>

南区版のトップニュース最新6

市、商店街の発行支援へ

プレミアム付き商品券

市、商店街の発行支援へ 経済

助成金で消費喚起図る

4月15日号

「外国人指導チーム」発足

南消防団

「外国人指導チーム」発足 社会

市内初、日中韓合同で

4月15日号

共有調理場で飲食店応援

南太田

共有調理場で飲食店応援 経済

製造・販売後押し

4月8日号

南区人口 ほぼ横ばい

南区人口 ほぼ横ばい 社会

市、国勢調査の結果発表

4月8日号

「小学生にマーチングを」

「小学生にマーチングを」 教育

教員、バンド設立資金募る

4月1日号

コロナ相談 委託で強化

2021年度南区予算案

コロナ相談 委託で強化 社会

感染症対策に重点

4月1日号

公明党横浜市議団

いよいよ本日、4月8日から横浜の中学校給食がスタート!

http://www.nitta-m.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 4月15日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    4月14日20:48更新

  • あっとほーむデスク

    4月11日22:09更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter