南区版 掲載号:2020年4月23日号 エリアトップへ

かながわSDGsパートナー 新規認定【1】 すべての経験 財産に 永田北 新栄重機土木(建設業)

社会

掲載号:2020年4月23日号

  • LINE
  • hatena
職場体験の様子
職場体験の様子

 神奈川県と連携してSDGs(環境保全など、持続可能な開発目標)の普及促進活動に取り組む企業を認定する「かながわSDGsパートナー」に、南区の3社を含む126社が新たに認定された。認定は2019年に始まり、県内263社が認定を受けた。

 南区で新規認定を受けたのは永田北の建設会社・新栄重機土木と六ツ川の総合設備会社・日本工業所、宿町のNPO法人・CAPかながわの3団体。それぞれの社会貢献活動などを紹介する。初回は新栄重機土木。

現場の仕事 後世へ

 同社は横浜の道路や河川、下水道などのインフラ整備を行う。新井正和社長は「常に誰かに見られているという緊張感を持ち続けることが良い施工につながる」と話す。

 こうしたインフラ整備の仕事を若い世代に知ってもらおうと、地元中学生の職業体験を受け入れている。工事内容の説明のほか、社外の人は普段は乗ることができない重機に乗ってアームを動かすなど、建設業を体感できるよう、工夫を凝らす。「自分の目で見て感じたことや経験が全て財産になる。子どもたちには就職活動までにインターンシップや地域ボランティアなどに参加し、社会をどんどん知ってほしい」と新井社長。

男性 子育てに協力

 建設会社では珍しいとされる育児休暇や一つの現場が終わった際のリフレッシュ休暇の取得を推奨。子育て支援として、大学の入学金を利息なしで会社から貸し付ける制度など福利厚生が充実する。

 子育てと両立する男性社員も多く、新型コロナウイルスによる自宅待機の中、家族のサポートに献身的だという。新井社長は「男性も子育てに協力するのが当たり前の時代になった」としている。
 

南区版のローカルニュース最新6

駅周辺 大きく変化

桜木町

駅周辺 大きく変化 社会

市庁舎移転や商業施設

7月2日号

歌丸さんを偲ぶ

横浜橋通商店街

歌丸さんを偲ぶ 社会

命日に合わせ献花台

7月2日号

交流旗振り役に

南区の公共施設を紹介【1】

交流旗振り役に 文化

大岡地区センター

7月2日号

市会図書室 一般利用も

市会図書室 一般利用も 政治

移転で可能に

7月2日号

虐待 LINEで相談

虐待 LINEで相談 社会

横浜市 7月から導入

7月2日号

ネット活用の普及を

ネット活用の普及を 社会

デスク・レポート

7月2日号

意見広告・議会報告政治の村

  • 雇用維持と相談強化

    コロナ禍の「働く」を支える 県政報告

    雇用維持と相談強化

    立憲民主党・民権クラブ 県議会議員 きしべ 都

    6月25日号

あっとほーむデスク

  • 7月2日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    6月30日20:03更新

  • あっとほーむデスク

    6月28日14:12更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ケアと仕事 考える

ケアと仕事 考える

オンラインセミナー当事者の話聞く

7月15日~7月15日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年7月2日号

お問い合わせ

外部リンク