南区版 掲載号:2020年5月21日号 エリアトップへ

市食品衛生協会 CFで加盟飲食店支援 「横浜愛」テーマに寄付募る

経済

掲載号:2020年5月21日号

  • LINE
  • hatena
チラシを持ち、寄付を呼び掛ける八亀会長(中央)ら
チラシを持ち、寄付を呼び掛ける八亀会長(中央)ら

 市内の約4千の飲食店が加盟する一般社団法人「横浜市食品衛生協会」(八亀忠勝会長、事務局・井土ヶ谷下町)が5月から、新型コロナウイルスの影響で売上が減少する加盟店の救済を目的にクラウドファンディング(CF)を始めた。「横浜愛 横浜市の飲食店を救おう」をテーマに、CFと直接の募金を合わせた1億3千万円を6月末まで募る。

 同協会は、食や衛生に関する知識の普及向上などを目的に活動。市内の約4千店が加盟する。

 外出自粛が続く中、多くの飲食店が売上減に苦しんでいる。協会加盟店舗もコロナ拡大後に約30店が閉店したという。

 各区の食品衛生協会では、加盟店が食中毒予防策などを学ぶ「食品衛生責任者養成講習会」を主催。その受講料が収入の柱だったが、講習会を開けず、本来は飲食店を守る立場にある協会も苦しい事態となった。

 ”閉店”の二文字が頭をよぎる中「地元密着の飲食店を守ろう」とCFを立ち上げたのは、中区元町でダイニングバー「ワンズダイニング」を経営する田島洋一さん。田島さんは「2月末ごろから売上が激減した。この危機的状況を乗り越えるには、地元を愛する市民の力が必要」と支援金をインターネットで募るCFの挑戦を決めた。

 活動状況は若い飲食店オーナーらが中心に発信。ツイッターなどのSNSを駆使した広報のほか、CFの趣旨や仕組みを理解していない高齢の経営者にも伝わるよう、A4サイズのチラシ約2500部やポスターを店舗に配架予定だ。

目標1億3千万円

 CFの目標金額は5千万円としているが、加盟店の店頭や銀行口座からの寄付も募る。振込先は「横浜信用金庫吉野町支店 普通0598987(一社)横浜市食品衛生協会横浜の飲食店を救おう口」。CFと合わせて1億3千万円を目指す。18区の食品衛生協会に20万円ずつ計360万円、市食品衛生協会加盟の約4千店に3万円ずつを渡すことを目指す。

 支援金は500円から募り、店舗のオリジナルTシャツや食事券が返礼品として渡される。支援金から経費などを引いた分を加盟店に均等分配する。六ツ川、南太田で喫茶店「ぱぁらー泉」を経営する同協会の八亀会長は「馴染みのある飲食店を存続させるためには、地域の力が必要」と呼び掛けている。寄付の期限は6月30日まで。

 問い合わせは市食品衛生協会【電話】045・711・1911。

CFの詳細ページにアクセスできるQRコード
CFの詳細ページにアクセスできるQRコード

南区版のトップニュース最新6

公開講座、動画で配信

南区医師会

公開講座、動画で配信 社会

密避けて健康増進へ

1月21日号

春高バレー準Vに貢献

優和クラブ出身渡邊さん

春高バレー準Vに貢献 スポーツ

来年こそ「全国制覇」

1月21日号

大岡川に生物の"家"を

日枝小2年生

大岡川に生物の"家"を 教育

観察通し環境整備

1月14日号

窮地の飲食店 再び試練

窮地の飲食店 再び試練 社会

緊急事態宣言で対応苦慮

1月14日号

「地域力で困難乗り越える」

松山区長インタビュー

「地域力で困難乗り越える」 社会

コロナ禍、活動支援に注力

1月7日号

正月の風景も様変わり

正月の風景も様変わり 社会

初詣、寺社は密回避策

1月7日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    1月23日17:45更新

  • あっとほーむデスク

    1月15日16:24更新

  • あっとほーむデスク

    1月8日17:09更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク