南区版 掲載号:2020年5月28日号 エリアトップへ

南太田 寺・教会が「希望の鐘」 連携で医療従事者に感謝

社会

掲載号:2020年5月28日号

  • LINE
  • hatena
左から清水ヶ丘教会の片平貴宣さん、常照寺の伊東さん、同教会の中島さん
左から清水ヶ丘教会の片平貴宣さん、常照寺の伊東さん、同教会の中島さん

 南太田駅のそばにある常照寺と清水ヶ丘教会が新型コロナウイルスに対応する医療従事者への感謝の思いや早期収束を願い、それぞれの鐘を交互に鳴らす取り組みを5月24日に行った。宗教の枠を超えた初の連携で、今後も平和の追求へ向けて手を取り合っていく。

コロナ収束願い

 新型コロナウイルスの感染拡大以後、全国の寺院や教会では、医療従事者へ感謝の気持ちを伝え、早期収束を願い、未来への希望を込めて、一斉に鐘を鳴らす取り組みが広がっている。

 常照寺の僧侶・伊東政浩さんが関係する日本青年会議所宗教部会では、5月12日から24日まで「命の鐘アクション」として、毎日、鐘を鳴らす取り組みを続けていた。最終日の24日に合わせ、伊東さんは寺から徒歩1分の場所にある清水ヶ丘教会にも参加を呼び掛けた。同寺と同教会は、ともに子ども食堂を開いており、先に食堂を始めた常照寺の様子を教会の主任牧師・中島聡さんが見学するなどの交流はあった。伊東さんの申し出に中島さんは「平和を願う気持ちは仏教もキリスト教も同じ」と快諾。

 24日は午後7時になり、伊東さんが鳴らした寺の鐘の音が「ゴーン」と響き渡ると、教会から「カーン」と鐘の音が聞こえ、交互に5回ずつ鳴った。伊東さんによると、寺と教会が連携して鐘を鳴らすのは全国でもここだけだという。

 伊東さんはキリスト教の指導者とも親交があり、今回の連携も自然な形で進んだ。事前打ち合わで同教会の礼拝堂を初めて訪れ「建物や光が入ってくる様子に感動した」という。

 コロナ禍で先行きが不透明になる中、伊東さんは「心の苦しみを取り除くという本質を見つめ直す時」という。中島さんは「祈ることの力を取り戻したい」と語る。伊東さんは「今後、平和について考えるフォーラムを連携して行えれば」と困難の中から生まれた縁を大切にし、宗教を超えた取り組みを進めるため手を取り合っていく。

南区版のトップニュース最新6

食料品配布に活路

子どもの居場所

食料品配布に活路 社会

活動者交流会で現状報告

7月9日号

避難所の3密対策強化

横浜市

避難所の3密対策強化 社会

防災拠点に感染防止品

7月9日号

「小学校で紙芝居を」

蒔田町片岡さん

「小学校で紙芝居を」 社会

コロナ禍で披露できず

7月2日号

南なんデー、文化祭も中止

南なんデー、文化祭も中止 社会

「4大まつり」開催なし

7月2日号

子育て家庭に食品配布

中村町障害者支援施設

子育て家庭に食品配布 社会

「こども食堂」の代替策

6月25日号

県民功労者に南区の2人

県民功労者に南区の2人 社会

表具業、教育振興に貢献

6月25日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    7月14日20:45更新

  • あっとほーむデスク

    7月14日19:21更新

  • あっとほーむデスク

    7月13日18:30更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

チアダンス体験会

4歳〜小学生

チアダンス体験会

22、29日 永田地区セン

7月22日~7月29日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年7月14日号

お問い合わせ

外部リンク