南区版 掲載号:2020年7月23日号 エリアトップへ

井土ヶ谷進学塾 本の授業 視野広がる 活字の魅力発信

教育

掲載号:2020年7月23日号

  • LINE
  • hatena
作者のメッセージを読み取る力を養う
作者のメッセージを読み取る力を養う

 塾は学校の定期テストや模試で高得点をとるノウハウを学ぶ場所という概念が覆される――。

 井土ヶ谷下町の進学塾「フォルテ」では子どもたちに読書の楽しさや魅力に気付いてもらう授業を行っている。小学5、6年生の生徒に1冊ずつ小説を渡し、感想をまとめてもらうというもの。重松清の「卒業ホームラン」など、年代に合った作品が選ばれる。

 フォルテの上村清人塾長は「自分が小中学生のころは読書を娯楽の一つとして楽しんでいた。テレビゲームやYouTubeも楽しいが、子どもが本(活字)から多くの教養を身に付けることを知れないのはもったいない」と本の感想をまとめる授業を企画。既に読書の授業を取り入れていた小田原の進学塾からアドバイスをもらうなどして、7月から始めた。

 受験勉強という固い感じではなく「作品の持つメッセージ性、情景描写や心情表現などの表現技法を楽しく学んでほしい」という。

受験に役立つ

 作品の感想は文章にまとめた上で講師や他の生徒の前で発表する。生徒同士で本の批評をするなど、意見を交わすことで視野が広がるという。上村塾長は「読書は語彙力や自分が今まで知らなかった世界や分野の知識を得ることができる。それは、他者と感想を話し合うことで自然と身に付く」と話し、受験勉強にも生かされる。

 授業を受ける生徒は「普段の授業よりも楽しい。事前に家で読んでくるから、内容をよく理解して臨める。本が短編集だけど、話と話が少しずつつながっていて面白い」と述べている。

生徒に渡された本
生徒に渡された本

南区版のローカルニュース最新6

「親子でアリ探そう」

「親子でアリ探そう」 教育

市、観察用ガイドを発行

10月22日号

ヨガで体幹強化

中村地区センター

ヨガで体幹強化 スポーツ

28日から4回講座

10月22日号

「シングル介護」考える

「シングル介護」考える 社会

 フォーラム南太田 当事者の話聞く

10月22日号

「就職氷河期」世代を支援

「就職氷河期」世代を支援 経済

市が相談窓口開設

10月22日号

人気販売士 詐欺防止訴え

人気販売士 詐欺防止訴え 社会

県警、松下さんの動画作成

10月22日号

星空と船描いた柳原さん作品展

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    10月18日12:57更新

  • あっとほーむデスク

    10月17日10:18更新

  • あっとほーむデスク

    10月16日14:18更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

未開封食品 区役所で回収

未開封食品 区役所で回収

19日から「フードドライブ」

10月19日~10月30日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月22日号

お問い合わせ

外部リンク