南区版 掲載号:2020年8月27日号 エリアトップへ

「依存症支援 本音の関係で」 当事者団体が講演会

社会

掲載号:2020年8月27日号

  • LINE
  • hatena
講演する長さん(Zoom画面から)
講演する長さん(Zoom画面から)

 薬物やギャンブル依存症者を抱える家族らによるNPO法人「横浜ひまわり家族会」(岡田三男理事長)による「薬物依存症者と家族フォーラム」が8月23日にオンラインで行われた。

 フォーラムは当初、みなみん(南公会堂)で行う予定だったが、新型コロナウイルスの感染防止のため、ビデオ会議アプリ「Zoom」を使っての開催となった。Zoomで約50人、みなみんでのモニター視聴に約30人が集まった。

家族や周囲の信頼

 依存症者を支える家族らへ向けて、精神科医で奈良県のハートランドしぎさん臨床教育センター長の長徹二さんが講演。薬物やアルコール、ギャンブルについて長さんは「生きるのが難しいところにやってくる浮き輪のようなもの」と説明。依存症者を家族や周囲が支援するには「本音を話せる関係性が必要」とし、「治療の側面からは正論も大切だが、家族の支援は信頼性や関係性が重要」と訴えた。さらに、依存症者に対して、「病院よりも自助グループへ通う方が良い」と治療だけではカバーできない部分の重要性を強調した。

 長さんは画面の向こうにいる視聴者へ質問を出し、依存症者や支援者の立場に立ってもらうことを呼び掛けた。「母親の立場で、依存症の息子から『勉強のために本を買いたいので5千円が欲しい』と言われたらどう対応するか」などと聞いた。長さんは「『自分で勉強するのは良いこと』など、寄り添う姿勢が大切」と述べた。最後に「息の長い支援をするには、決して自分を責めないようにしてほしい」とまとめた。=「デスク・レポート」に関連記事

南区版のローカルニュース最新6

ぬいぐるみ100作人形の家に集う

ぬいぐるみ100作人形の家に集う 文化

片岡さん企画展

1月20日号

ポニカロード 待望の映画

ポニカロード 待望の映画 文化

ファンら支援で完成

1月20日号

今年初の保土ケ谷大会

全日本プロレス

今年初の保土ケ谷大会 スポーツ

公会堂で29日

1月20日号

横浜のおでかけ楽しもう

マイルート

横浜のおでかけ楽しもう 社会

応募キャンペーン 23日まで

1月20日号

日本語ボラの入門講座

日本語ボラの入門講座 社会

多文化共生ラウンジ 参加者募集中

1月20日号

エコバッグでまちに愛着

タウンニュース社

エコバッグでまちに愛着 経済

自治会や団体の記念品・行事用に製作します

1月20日号

あっとほーむデスク

  • 1月21日16:06更新

  • 1月20日16:15更新

  • 1月20日0:00更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

写経で気分爽快

永田地区センター

写経で気分爽快

講座の参加者募集

2月9日~2月9日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook