南区版 掲載号:2020年9月17日号 エリアトップへ

〈連載〉さすらいヨコハマ45 100年前にも... 大衆文化評論家 指田 文夫

掲載号:2020年9月17日号

  • LINE
  • hatena

 新型コロナウイルスが今春から蔓延し、秋に入っても収まらない。ウイルスには、ワクチン開発が必要だが、そう簡単ではなく、さらに冬に向かい第二波、三波も危惧されている。

 新型ウイルスは、約100年前の1918年前後にも世界中で大流行し、日本でも約39万人が死亡した。これが「スペイン風邪」である。ここでは、劇作家・演出家の島村抱月が1918年11月に急死し、彼を追って恋人の女優・松井須磨子も翌年1月に自殺した。

 須磨子と言えば「カチューシャ可愛いや…」のカチューシャの歌「復活・唱歌」である。芸術座の芝居、トルストイ原作の「復活」の劇中歌で、京都で吹き込まれた曲は3万枚の大ヒットとなった。理由は、当時日本では女性が唄を歌う習慣がほとんどなく、歌うのは芸者や邦楽の師匠など「玄人」しかいなかったのに対し、女優とはいえ、普通の女性の唄の新鮮さが、大ヒットの最大の原因だったと私は思う。(文中敬称略)
 

南区版のコラム最新6

「世界最高水準」掲げる

〈連載【16】〉市がIR実施方針案公表 IRと横浜

「世界最高水準」掲げる

1月1日号

手洗い指導で感染症予防

手洗い指導で感染症予防

(一社)横浜市食品衛生協会

1月1日号

「地域医療を円滑に」

まちのお医者さんが教えます コラム【12】

「地域医療を円滑に」

南区医師会の活動紹介

12月17日号

南の風にのって

松山区長の

南の風にのって

障害を理解し、温かく見守りましょう

12月3日号

20万8千筆の署名提出

〈連載【15】〉住民投票求める市民団体 IRと横浜

20万8千筆の署名提出

11月19日号

訪問診療の仕組み理解

まちのお医者さんが教えます コラム【11】

訪問診療の仕組み理解

「自宅で療養、みんなの協力を」

11月12日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    1月23日17:45更新

  • あっとほーむデスク

    1月15日16:24更新

  • あっとほーむデスク

    1月8日17:09更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク