南区版 掲載号:2020年10月29日号 エリアトップへ

違法駐車減へ合同啓発 南、伊勢佐木署など連携

社会

掲載号:2020年10月29日号

  • LINE
  • hatena
キャンペーンに参加したメンバーら
キャンペーンに参加したメンバーら

 南警察署(田中武志署長)は、中区の伊勢佐木警察署や県警駐車対策課らと合同で違法駐車削減を呼び掛けるキャンペーンを10月22日に横浜橋通商店街近くの大通り公園で行った。これは10月22日から31日までの「違法駐車追放強化期間」に合わせたもので、区の垣根を越えて交通事故防止などを目指す。

区内減少傾向も

 神奈川県警によると、昨年の県内の放置駐車違反は約12万4千件で、全国で3番目に多い。南区はいずれも9月末時点の比較で昨年の2721件から2125件に減っている。違法駐車の取り締まりが民間委託された2006年から減少傾向だが、中区にまたがる大通り公園周辺の繁華街は交通量や人通りが多く、違法駐車が目立つという。

 違法駐車は道幅を狭め交通渋滞を招き、救急車などの緊急車両の走行の妨げになる。また、運転手の死角が広がることで歩行者の飛び出しなどに気付くのが遅れ、交通事故の発生も懸念される。

 「違反駐車をゼロにしよう」を合言葉にしたキャンペーンには警察のほか、南、伊勢佐木の両交通安全協会なども参加し、啓発物を配布。「迷惑駐車はやめましょう」と書いたのぼり旗を立て、通行人や信号待ちの運転手に注意を呼び掛けた。南署の田中署長は「違法駐車の取り締まり強化が交通事故や渋滞発生防止などにつながる。各警察署や県警本部、外郭団体、地域の皆さんと協力し、1件でも多くの違法駐車を取り締まりたい」と話し、今後も地域と連携して呼び掛けるとしている。

南区版のトップニュース最新6

女性団員が市最優秀賞

南消防団

女性団員が市最優秀賞 社会

声楽隊などの活動評価

3月4日号

寺院で弁当無料配布

横浜市仏教会

寺院で弁当無料配布 社会

住民・飲食店を元気に

3月4日号

集団・個別を各自選択

ワクチン接種

集団・個別を各自選択 社会

市、3月下旬から通知開始

2月25日号

地域の魅力 相次ぎ発信

六つ川小

地域の魅力 相次ぎ発信 教育

絵本制作や樹名板作り

2月25日号

菅首相の出身地 秋田・湯沢の犬人形を横浜橋通商店街で配布

【Web限定記事】

菅首相の出身地 秋田・湯沢の犬人形を横浜橋通商店街で配布 社会

「犬っこ」 交流で物産展も視野

2月18日号

横浜市特定検診 コロナで受診率低迷

【Web限定記事】

横浜市特定検診 コロナで受診率低迷 社会

対象49万人、前年度下回る水準

2月18日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月25日20:24更新

  • あっとほーむデスク

    2月23日16:42更新

  • 2月16日15:03更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年3月6日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク