南区版 掲載号:2020年11月12日号 エリアトップへ

南区の公共施設を紹介【15】 歴史身近に学ぶ 神奈川県埋蔵文化財センター(中村町)

文化

掲載号:2020年11月12日号

  • LINE
  • hatena
土偶作りが体験できるワークショップ
土偶作りが体験できるワークショップ

 1982年開設。発掘調査で見つかった出土品や資料を保管し、地域の歴史や文化の成り立ちなどが学べる。新型コロナウイルスの影響で今も開催中止の講座があるが、感染症対策に講じた上で少しずつ元の姿を取り戻している。

 住民に郷土史などへの関心や理解を深めてもらおうと、2カ月に1回のペースで「考古学講座」を開催。県内で発掘調査などに携わる考古学や埋蔵文化財の専門家が講師を務め、最新の研究成果に基づいた内容を分かりやすく解説する。

 また、土器や石器などの出土品を模写する「出土品ぬり絵」や縄文人の顔つきや表情を思い浮かべながら作る「縄文顔クッキー」といった体験講座も行う。

後世に語り継ぐ

 地域の子どもが土偶や勾玉作りを体験できる教室や出土品の発掘現場を見学できる講座を毎年夏頃に開催(今年は新型コロナのため中止)。将来、歴史を語り継ぐ人材の育成に力を注ぐ。

 そのほか、中村小学校の児童が社会科見学で同センターの資料閲覧室を訪れ、職員から昔の横浜港周辺の様子や人々の暮らしを教わる。同センターの恩田勇主幹は「施設の存在を知らないという人も多いと思う。コロナ禍でもできることを考え、広報も頑張りたい」と話している。

南区版のローカルニュース最新6

大学生が情報誌

横浜橋通商店街

大学生が情報誌 経済

対面販売の魅力伝える

6月10日号

食糧提供で住民支援

食糧提供で住民支援 社会

南区企業が一役

6月10日号

エコバッグで脱プラを

エコバッグで脱プラを 社会

南永田団地、小学生と制作

6月10日号

介護施設の違い解説

介護施設の違い解説 社会

南センターが講座企画

6月10日号

夏の高校野球対戦相手決定

夏の高校野球対戦相手決定 スポーツ

南区から3校

6月10日号

自筆遺言 書き方学ぶ

自筆遺言 書き方学ぶ 社会

区講座の参加者募集

6月10日号

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    6月14日12:33更新

  • あっとほーむデスク

    6月11日18:09更新

  • 6月8日11:18更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

カタツムリ作りを体験

カタツムリ作りを体験

大岡地区センター色紙で自由に

6月3日~6月30日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 雨の季節

    〈連載〉さすらいヨコハマ48

    雨の季節

    大衆文化評論家 指田 文夫

    6月10日号

  • 南の風にのって

    松山区長の

    南の風にのって

    令和3年度の南区運営方針を策定しました

    6月3日号

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter