南区版 掲載号:2020年11月12日号 エリアトップへ

【Web限定記事】南消防署 英語・中国語交え テロ対応訓練 五輪意識し、多言語で

社会

掲載号:2020年11月12日号

  • LINE
  • hatena
防護服を着て逃げ遅れた人の救助に向かう隊員
防護服を着て逃げ遅れた人の救助に向かう隊員

 来年の東京五輪・パラリンピックを前に南消防署によるテロ災害を想定した対応訓練が11月11日、阪東橋公園で行われた。

 訓練には南消防署のほか、市消防局の機動特殊災害対応隊、戸塚消防署の鳥が丘大型除染隊が参加した。さらに、外国人住民への対応も想定し、南消防団から英語が話せる団員と中国籍団員の2人が加わった。

 飲食店で何者が化学物質を散布し、複数の負傷者が発生したという想定で訓練が進められた。2人の消防団員は日本語、英語、中国語の順で周囲に避難を呼び掛けるアナウンスを行った。消防隊は防護服を装備した上で飲食店から逃げ遅れた人を救助し、水を使って除染したり、人工呼吸を行うなどした。その間も2人の団員は、状況を説明し、具合が悪い人がいないかを尋ねるアナウンスを続けた。

 訓練を終えて、日本語、英語でアナウンスした消防団員の高橋ちぐささんは「早口にならないように気を付けてアナウンスした」と振り返り、南消防団初の外国籍団員でもある中国籍の林海国さんは「中国語が聞こえれば、避難する人も安心できるはず」と語った。

英語、中国語でアナウンスした消防団の高橋さん(左)と林さん
英語、中国語でアナウンスした消防団の高橋さん(左)と林さん
逃げ遅れた人を除染専用のテントに運ぶ隊員
逃げ遅れた人を除染専用のテントに運ぶ隊員

南区版のローカルニュース最新6

大学生が情報誌

横浜橋通商店街

大学生が情報誌 経済

対面販売の魅力伝える

6月10日号

食糧提供で住民支援

食糧提供で住民支援 社会

南区企業が一役

6月10日号

エコバッグで脱プラを

エコバッグで脱プラを 社会

南永田団地、小学生と制作

6月10日号

介護施設の違い解説

介護施設の違い解説 社会

南センターが講座企画

6月10日号

夏の高校野球対戦相手決定

夏の高校野球対戦相手決定 スポーツ

南区から3校

6月10日号

自筆遺言 書き方学ぶ

自筆遺言 書き方学ぶ 社会

区講座の参加者募集

6月10日号

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    6月11日18:09更新

  • 6月8日11:18更新

  • あっとほーむデスク

    6月4日16:39更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

カタツムリ作りを体験

カタツムリ作りを体験

大岡地区センター色紙で自由に

6月3日~6月30日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 雨の季節

    〈連載〉さすらいヨコハマ48

    雨の季節

    大衆文化評論家 指田 文夫

    6月10日号

  • 南の風にのって

    松山区長の

    南の風にのって

    令和3年度の南区運営方針を策定しました

    6月3日号

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月11日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter