南区版 掲載号:2021年1月14日号 エリアトップへ

日枝小2年生 大岡川に生物の"家"を 観察通し環境整備

教育

掲載号:2021年1月14日号

  • LINE
  • hatena
生物の”家”を川に設置する豊田さん(左)と児童
生物の”家”を川に設置する豊田さん(左)と児童

 市立日枝小学校(住田昌治校長)の2年生が大岡川の浄化や生物の定着へ向けた取り組みを進めている。児童はすみかとなる手作りの竹の”家”を蒔田公園親水広場付近に設置。エビやカニがすみ着くかを観察しながら、川や生物、環境について考えている。

 2年4組の児童30人は、近隣の大岡川にクラゲやエイが生息することを知り、川や生物に関心を持ち始めた。昨年6月から授業を通じて川の観察を続け、多くの生物が暮らせるにはどうすれば良いかを考える中で、川の環境に意識が向くようになった。

 児童は川の生物の生態を調べたり、八景島シーパラダイスの飼育員に質問をするなどして、知識を深めてきた。さらに教室を水族館に見立て、各自が川で見つけた生物を教室で飼育。エサのやり方や真水では生きられない生物がいることを知り、適切な塩分濃度の設定法なども学んだ。

エビ・カニの居場所

 その中で過去にも同校で川の生物について児童にアドバイスした経験がある水中写真家でNPO法人「海の森・山の森事務局」理事長の豊田直之さんに協力を依頼。環境保全活動に取り組む豊田さんは2018年、大岡川の状況を知ってもらおうと、川に不法投棄されていた自転車を引き揚げた。その際、自転車に多くのエビやカニが付着しているのを確認。豊田さんは「自転車を回収することで、エビやカニは”家”を失うことになる」と考えた。児童は豊田さんの話を聞き、生物が大岡川で生息できる場所を作ろうと考えた。

 児童は校内にあった竹を切り出し、それを組んで生き物が中に入れるような”家”を作った。それを昨年12月24日、蒔田公園親水広場そばに5個設置。豊田さんが児童の意見を聞きながら、水中に置いた。生物がいるかどうかは、1月下旬に豊田さんが竹の中を撮影して確認する予定。

 男子児童は「今まで大岡川にカニがいるとは知らなかった。ごみがないきれいな川にして、生き物が多く集まるようにしたい」と話し、女子児童は「家でも生き物を飼うようになった」と生物に興味を持ったという。

 豊田さんは「最初は2年生には難しい話だと思ったが、想像以上の取り組みに驚いた」と話す。担任の前園兼作教諭は「アイデアを出し、それを行動に移す姿が頼もしく見える」と授業を通して児童が大きく成長したという。「生物が竹の中に定着するか分からないが、その結果から学んでほしい」としていた。
 

竹を組み合わせた“家”
竹を組み合わせた“家”

南区版のトップニュース最新6

地区懇 3年ぶり全地区で

地区懇 3年ぶり全地区で 社会

地域活動のヒント共有

5月19日号

中小企業6割が「未着手」

脱炭素

中小企業6割が「未着手」 社会

市、ガイドラインを作成

5月19日号

スマホで地域貢献

井土ケ谷パチンコ店

スマホで地域貢献 経済

飲食店、避難場所など紹介

5月12日号

来春、新たな区民まつり

来春、新たな区民まつり 社会

「桜」と「南」を統合

5月12日号

野菜作りで地域創生

永田台小

野菜作りで地域創生 社会

住民と地産地消促進

5月5日号

太田東部初のこども食堂

太田東部初のこども食堂 コミュニティ社会

主婦立ち上げ、準備進む

5月5日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月19日0:00更新

  • 5月12日0:00更新

  • 4月28日0:00更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

個性あふれる一枚並ぶ

個性あふれる一枚並ぶ

24日から、吉野町で写真展

5月24日~5月30日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook