南区版 掲載号:2021年1月21日号 エリアトップへ

優和クラブ出身渡邊さん 春高バレー準Vに貢献 来年こそ「全国制覇」

スポーツ

掲載号:2021年1月21日号

  • LINE
  • hatena
ガッツポーズを見せる渡邊さん
ガッツポーズを見せる渡邊さん

 六つ川小学校で練習する小学生バレーボールチーム「横浜優和クラブジュニア」出身で、駿台学園高校=東京都=の渡邊秀真さん(2年)=人物風土記で紹介=が1月10日まで東京都で行われた「全日本バレーボール高等学校選手権大会(春高)」に出場し、2大会連続の準優勝に貢献した。渡邊さんは「優勝まであと一歩のところで負けてしまった。来年こそ全国制覇したい」と話す。

東京・駿台学園

 渡邊さんは両サイドからスパイクを打つアウトサイドヒッターとして出場。身長178cmはバレーボール選手としては小柄だが、最高到達点は3m32cmと全国トップクラスの跳躍力を誇る。

 フルセットまでもつれ込み、接戦となった準決勝の市立尼崎=兵庫県=戦で試合の流れを変えるスパイクを決める活躍を見せると、決勝の東福岡戦でもフル稼働。身長190cmを超える相手選手の上からスパイクを打ち得点した。チームは敗れたが、2年連続の準優勝に貢献した。

 「自分の持ち味である対空力を生かしたプレーができた。バックアタックなども決まって良かった」と話し、強豪相手に手応えを感じたという。

感謝を忘れず

 高い跳躍力の原点は優和クラブ時代、大人の腹部ほどの高さまで積み上げた体操マットに垂直跳びで跳び乗る練習で培ったもの。同クラブの大村恵利監督は「小2で入部したころから楽しみながら練習に取り組んでいた。地道な努力が形になっている」と話し、教え子の成長を喜ぶ。

 渡邊さんは「優和での6年間で礼儀や感謝の気持ちを持つことがとても大事だと学んだ。お世話になった監督や皆さんへの『恩返し』の気持ちを忘れず、元気にプレーする姿を見せていきたい」と思いを語り、来年度に向けて練習に励む。

南区版のトップニュース最新6

集団・個別を各自選択

ワクチン接種

集団・個別を各自選択 社会

市、3月下旬から通知開始

2月25日号

地域の魅力 相次ぎ発信

六つ川小

地域の魅力 相次ぎ発信 教育

絵本制作や樹名板作り

2月25日号

菅首相の出身地 秋田・湯沢の犬人形を横浜橋通商店街で配布

【Web限定記事】

菅首相の出身地 秋田・湯沢の犬人形を横浜橋通商店街で配布 社会

「犬っこ」 交流で物産展も視野

2月18日号

横浜市特定検診 コロナで受診率低迷

【Web限定記事】

横浜市特定検診 コロナで受診率低迷 社会

対象49万人、前年度下回る水準

2月18日号

教育論文で全国優秀賞

井土ケ谷小学校

教育論文で全国優秀賞 教育

理科で児童の主体性育む

2月11日号

一般会計 初の2兆円台に

横浜市予算案

一般会計 初の2兆円台に 政治

21年度、コロナ対応で膨張

2月11日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月25日20:24更新

  • あっとほーむデスク

    2月23日16:42更新

  • 2月16日15:03更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年2月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク