南区版 掲載号:2021年4月1日号 エリアトップへ

インドネシアを身近に 大岡地区センター出身者招き国際交流

文化

掲載号:2021年4月1日号

  • LINE
  • hatena
海外旅行の気分を味わった
海外旅行の気分を味わった

 大岡健康プラザに入る大岡地区センターは、住民に外国を身近に感じてもらおうと、自主事業「海外の文化を知ろう」を3月25日に開催した。市内在住でインドネシア出身の中崎サンニさん=人物風土記で紹介=が講師を務め、同国の魅力を紹介した。

 同事業は新型コロナウイルスの感染拡大で自粛生活が続く住民に、海外の文化や歴史に触れてもらおうと企画したもの。

 中崎さんは、みなみ市民活動・多文化共生ラウンジの「街の先生」を務め、日本在住18年。インドネシアでは3食分を朝にまとめて調理する風習など、日本との生活様式の違いを話した。

 終盤は民族衣装の「ケバヤ」と「バティック」を紹介した。また、茅ヶ崎市在住でインドネシアに詳しい中井恵美子さん指導の下、ゆっくりとしたリズムが特徴のバリ舞踊を踊った。

 講座終了後は、同国で人気の高い「ホワイトコーヒー」や中崎さんが手作りした「パイナップルクッキー」などが振る舞われた。参加者の70代女性は「近所にいながらも海外旅行の気分を味わえ、参加者同士の交流も楽しかった」と話した。

 同センターは「今後も事業を継続し、アジアやヨーロッパなどの国をたくさん紹介していきたい」としている。

南区版のローカルニュース最新6

23年夏に営業再開へ

本牧市民プール

23年夏に営業再開へ 社会

馬淵建設などが再整備

5月7日号

「成人18歳」知って

「成人18歳」知って 社会

市、人気アニメと連携企画

5月7日号

セブンでボトル回収

セブンでボトル回収 社会

市と共同、南区9店舗に

5月7日号

「馬と五輪」の特別展

「馬と五輪」の特別展 スポーツ

根岸・馬の博物館で

5月7日号

市財政 大学生伝える

市財政 大学生伝える 社会

若者意識し、ウェブ発信

5月7日号

南区 犯罪発生状況

【Web限定記事】

南区 犯罪発生状況 社会

5月7日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月7日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    5月6日11:18更新

  • あっとほーむデスク

    5月5日10:06更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter