南区版 掲載号:2021年4月1日号 エリアトップへ

南永田団地 在日外国人と交流促進へ 茶道や折り鶴で絆育む

文化

掲載号:2021年4月1日号

  • LINE
  • hatena
国境の壁を越えたつながりができた
国境の壁を越えたつながりができた

 南永田団地で暮らす在日外国人が日本文化を体験する「多文化国際交流会」が3月27日に同所で行われた。新型コロナウイルス対策を講じた上で、茶道や折り鶴を楽しむ家族連れが目立った。

 同団地には中国やフィリピンなど、外国にルーツを持つ人が住むが、言葉の壁で地域になじめないこともあるという。そうした状況を改善しようと、外国人の生活支援などを行うみなみ市民活動・多文化共生ラウンジと団地を管理するUR都市機構、住民有志が交流会を企画した。

 前半は中国とバングラディッシュ出身の住民が母国の習慣や民族衣装を紹介。日本との相違点などを分かりやすく説明すると、2人に大きな拍手が送られた。

 後半は団地住民らによるNPO法人が運営する「サロンほっとサライ」のメンバーを中心に茶道や折り鶴など、日本の伝統文化で交流した。バングラディッシュ出身のハミドル・ハクさんは「日本語がうまく話せなくても楽しめた。団地内のコミュニケーションを大切にし、知り合いを増やしていきたい」と話した。

祭りで「つながり」強く

 南永田団地内にある商店街の空き店舗を活用して異世代交流を図るイベント「つながり祭」が4月17日に行われる。2カ月に1回開催される恒例行事だが、緊急事態宣言の影響で1月以降は開催を見送っていた。

 菓子や飲み物の模擬店のほか、子ども向けのゲームコーナーなども予定している。つながり祭を運営する「永田みなみ台ほっとサライ」の渡邊 乃志男さんは「多文化国際交流会でできたつながりを強固にできるようにサポートしたい」と意気込みを語る。

 祭りの前には団地近くの永田台小学校の児童と協力し、地域の清掃活動を実施。永田みなみ台連合自治会の常木敬司会長は「まちをきれいにして気持ち良く祭りに参加したい」と話している。

南区版のローカルニュース最新6

23年夏に営業再開へ

本牧市民プール

23年夏に営業再開へ 社会

馬淵建設などが再整備

5月7日号

「成人18歳」知って

「成人18歳」知って 社会

市、人気アニメと連携企画

5月7日号

セブンでボトル回収

セブンでボトル回収 社会

市と共同、南区9店舗に

5月7日号

「馬と五輪」の特別展

「馬と五輪」の特別展 スポーツ

根岸・馬の博物館で

5月7日号

市財政 大学生伝える

市財政 大学生伝える 社会

若者意識し、ウェブ発信

5月7日号

南区 犯罪発生状況

【Web限定記事】

南区 犯罪発生状況 社会

5月7日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月7日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    5月6日11:18更新

  • あっとほーむデスク

    5月5日10:06更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter