南区版 掲載号:2021年5月7日号 エリアトップへ

(PR)

人生100年時代の子どもたちへ 「遠くが見えない」は近視の合図 取材協力/かめざわ眼科

掲載号:2021年5月7日号

  • LINE
  • hatena

 パソコンなどを使うICT教育が進む中、問題視される子どもの近視。学校から「眼科受診のすすめ」をもらったが、「受診が必要か」と悩む保護者もいるのでは。地元の小中学校で学校医を務める「かめざわ眼科」=南区別所=の亀澤比呂志院長に話を聞いた。

 ――「眼科受診のすすめ」の概要を。

 「学校では、学校保健安全法という法律に基づき、年1回必ず全生徒に視力検査を行います。視力が1・0未満の場合は眼科に受診勧告することも定められています。学業や学校生活に支障をきたさないためです」

 ――もらったら眼科を受診する必要は。

 「必ず受診をお勧めします。子どもは見えていなくても親に言わない傾向があります。眼科で再度視力検査と診察を受け、しっかり対応することが大切です。稀ですが、重大な病気が発見されることもあります」

 ――近視になると、メガネは絶対必要か。

 「必ずしも必要とは限りません。近視のメガネは生活の支障を解決するための道具です。常時かける必要はなく、遠くが見えづらい時にかければOKです。ただし、幼児期の弱視・斜視のメガネは目の治療のため常時かける必要があります」

 ――ずばり、要点は。

 「本やゲーム、スマホは明るい所で30cm以上離し、休憩を取りながら見ましょう。時々、お子さんの目を片方ずつ隠してカレンダーや時計が読めるか確認を。お子さんの目に不安のある方は眼科専門医にご相談下さい」

■南区別所3の8の3クリニックビル3F 【電話】045・731・1113 平日9時〜12時/14時〜18時 土日9時〜15時 木曜・祝日休み

かめざわ眼科

横浜市南区別所3-8-3 クリニックビル3F

TEL:045-731-1113

https://www.kamezawa-ganka.com/inchou.html

南区版のピックアップ(PR)最新6

地域共創で暮らし支える

社会課題解決のモデル企業に

地域共創で暮らし支える

永田北 新栄重機土木

6月10日号

ビジネスで地域課題解決

会員募り空き家改装

ビジネスで地域課題解決

株式会社太陽住建

6月10日号

肥満解消で免疫強化

永田北シェリー

肥満解消で免疫強化

人気の温活ダイエット

6月10日号

「樹木葬墓地」がオープン

真照寺磯子聖地

「樹木葬墓地」がオープン

平坦地で、宗教自由

6月3日号

車売るなら地元店へ

車売るなら地元店へ

丁寧・親身なタックス港南

6月3日号

片付け不要で古家売却

ウスイホーム上大岡店

片付け不要で古家売却

状況問わず即現金化

6月3日号

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    6月11日18:09更新

  • 6月8日11:18更新

  • あっとほーむデスク

    6月4日16:39更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

カタツムリ作りを体験

カタツムリ作りを体験

大岡地区センター色紙で自由に

6月3日~6月30日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 雨の季節

    〈連載〉さすらいヨコハマ48

    雨の季節

    大衆文化評論家 指田 文夫

    6月10日号

  • 南の風にのって

    松山区長の

    南の風にのって

    令和3年度の南区運営方針を策定しました

    6月3日号

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月11日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter