南区版 掲載号:2021年7月8日号 エリアトップへ

永田中出身野間さん 陸上400m 全国大会へ 舞岡高3年、初の大舞台

スポーツ

掲載号:2021年7月8日号

  • LINE
  • hatena
5月の県大会決勝での野間さん(手前)
5月の県大会決勝での野間さん(手前)

 市立永田中学校出身で県立舞岡高校=戸塚区=陸上部3年の野間晴喜さん(18)が6月にあった関東高等学校陸上競技大会(南関東)男子400mで4位に入り、7月28日から福井県で行われる全国高校総合体育大会(インターハイ)に出場する。初の全国大会では自己記録更新で上位を目指す。

 野間さんは、5月の県大会で52人中1位になり、6月13日に等々力陸上競技場=川崎市=で行われた神奈川、東京、千葉の学校が参加する南関東大会へ進んだ。予選で48秒36をマークし、決勝へ。そこでは48秒01と自己ベストを更新しての4位となり、初の全国大会出場を決めた。

 野間さんは永田中学校時代は陸上部に加え、硬式野球チーム「横浜南シニア」にも所属していた。中学後半から陸上一本に絞った。当時は県大会の予選止まりのレベルだったが、舞岡高に進んでから飛躍した。顧問の脇田浩介教諭の指導により、フォームを改善したことでスピードが増したという。

 昨年は2月に足首のじん帯を損傷。コロナ禍で休校になった際も自宅そばでの走り込みを欠かさなかった。しかし、痛めた足首で走り続けた結果、6月に疲労骨折に見舞われる。復帰後は県大会に進み、自己ベストの49秒33で3位に入り、10月の関東大会の切符を手にした。そこではベストに及ばず、予選敗退。

悔しさを力に

 悔しさと全国大会への思いを強くして望んだ今シーズン。一気に自己ベストを1秒以上縮める飛躍を見せ、48秒台に突入し、インターハイに挑む。全国の舞台を前に野間さんは「周りからの祝福の言葉が嬉しい」と喜びを語る。

 脇田教諭は「以前よりも緊張して硬くなったりせず、冷静な走りを見せてくれた。もう一段階調子を上げていきたいところ」と激励する。

自己記録目指す

 野間さんは以前から同校の2学年先輩で、2019年の国体400mで4位に入った平井聖人さんを目標にしてきた。先輩は47秒89の記録で全国4位。野間さんの自己ベストもそこまでわずか0秒12に迫っている。「自己ベストを更新し、決勝を目指して頑張りたい」と先輩を超える活躍を誓った。
 

野間晴喜さん
野間晴喜さん

福祉クラブ らら・むーぶ南

高齢者や障害があり、外出が困難な方へ、車で介助付きの外出支援をしています

http://www.fukushi-club.net/

<PR>

南区版のトップニュース最新6

女子2人乗り 全国制覇

Y校ボート部

女子2人乗り 全国制覇 スポーツ

高校総体、59年ぶり快挙

9月16日号

日枝小・蒔中生が入賞

市小中学生スピーチ大会

日枝小・蒔中生が入賞 教育

体験から国際平和訴え

9月16日号

「停滞、閉塞感打破したい」

「停滞、閉塞感打破したい」 政治

山中新市長に聞く

9月9日号

生理の貧困 支援の動き

生理の貧困 支援の動き 社会

官民連携で無償配布

9月9日号

郵便局長12人 年金委員に

郵便局長12人 年金委員に 社会

県内初、制度周知・啓発へ

9月2日号

イラスト動画で詐欺防ぐ

南防犯協会南警察署

イラスト動画で詐欺防ぐ 社会

鉄拳さんと連携発信

9月2日号

意見広告・議会報告政治の村

  • 小児医療費助成の淵源

    取り組み開始から約30年 ニッタオンライン市政報告58

    小児医療費助成の淵源

    横浜市会議員 仁田(にった)まさとし

    9月16日号

あっとほーむデスク

  • 9月16日17:57更新

  • 9月16日0:00更新

  • 9月15日7:45更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

日枝神社 大神輿を公開

日枝神社 大神輿を公開

18、19日に 巡行は中止

9月18日~9月19日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook