南区版 掲載号:2021年8月5日号 エリアトップへ

唐沢横浜植木 130年の軌跡、記念誌に 功績と地域活動記録

経済

掲載号:2021年8月5日号

  • LINE
  • hatena
記念誌の発行を喜ぶ社員
記念誌の発行を喜ぶ社員

 6月に創立130周年を迎えた唐沢の園芸会社、横浜植木株式会社の記念誌「横浜植木物語」が誠文堂新光社から出版された。日本人商社として初めて植物類の輸出業務を行った同社の功績や出来事、地域での取り組みなどが約400ページに詰め込まれている。

400ページ超に綴る

 同社は1891年創立。海外交易が盛んではなかった明治中期から植物類の輸出入業務を行うなど、各国の園芸文化に影響を与えてきた。

 記念誌には主に明治、大正、昭和期の功績を紹介。1964年の東京五輪時に開花調節技術で咲かせたテッポウユリで競技会場を彩ったエピソードなどが書かれている。416ページ、4400円(税込)。

公園を管理

 同社は本牧山頂公園=中区=、富岡西公園=金沢区=など、市内9カ所の公園を指定管理する。地域貢献活動の一環として、管理する公園の清掃を社員が行うこともあり、自然に対して敬意を払う。

 新型コロナウイルスの感染拡大前は夏休みに子ども向けの花植え体験会を実施し、現在は地域住民の健康増進やストレス解消を目的としたヨガを主催。公園を地域交流の拠点として活用する。

災害対策、教育支援も

 2014年、会社のある中村地区連合町内会との間で覚書を締結。南区初となる企業と町内会の災害時協力体制で、火災が発生した場合、住民の避難誘導などを行う。町内会と合同で行う消火訓練などで連携を深める。消防団協力事業所に認定され、2人の社員が団員として活動に励む。

 また、近隣の学校との関係構築に注力。市立石川小学校の水田の改修工事を担当し、2年前に田植えを指導。児童に米作りのノウハウを教え、農業の魅力を発信した。

 同社の伊藤智司社長=人物風土記で紹介=は「地元の皆さんあっての130年。環境や教育分野におけるSDGs(持続可能な開発目標)の取り組みを進め、地域を笑顔にできる企業を目指していきたい」と話し、新たな歴史を築いていきたいとしている。
 

南区版のトップニュース最新6

「まぼろしの城」地図に

南区郷土の歴史研究会

「まぼろしの城」地図に 文化

蒔田の魅力発信へ

9月23日号

市大病院で深夜・早朝接種

ワクチン

市大病院で深夜・早朝接種 社会

10月から、週末1日120人

9月23日号

女子2人乗り 全国制覇

Y校ボート部

女子2人乗り 全国制覇 スポーツ

高校総体、59年ぶり快挙

9月16日号

日枝小・蒔中生が入賞

市小中学生スピーチ大会

日枝小・蒔中生が入賞 教育

体験から国際平和訴え

9月16日号

「停滞、閉塞感打破したい」

「停滞、閉塞感打破したい」 政治

山中新市長に聞く

9月9日号

生理の貧困 支援の動き

生理の貧困 支援の動き 社会

官民連携で無償配布

9月9日号

福祉クラブ らら・むーぶ南

高齢者や障害があり、外出が困難な方へ、車で介助付きの外出支援をしています

http://www.fukushi-club.net/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

  • 小児医療費助成の淵源

    取り組み開始から約30年 ニッタオンライン市政報告58

    小児医療費助成の淵源

    横浜市会議員 仁田(にった)まさとし

    9月16日号

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    9月28日12:15更新

  • あっとほーむデスク

    9月28日11:24更新

  • あっとほーむデスク

    9月27日7:18更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月28日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook