南区版 掲載号:2021年9月30日号 エリアトップへ

地域福祉保健計画 人と地域のつながり重視 区が素案公表、意見募集へ

社会

掲載号:2021年9月30日号

  • LINE
  • hatena

 南区民が健康で安心して暮らし続けられるための取り組みを示す「地域福祉保健計画」の第4期計画の素案がまとまった。この中では、見守りや支え合いの活動を広げることや住民が健康づくりに参加できる機会を増やすなどの目標が示され、人と地域のつながりの醸成を強調した。素案は10月上旬から意見募集があり、今年度中に完成させる。

 同計画は、「誰もが安心して自分らしく健やかに暮らせる地域づくり」を目指し、地域住民と区役所や区社会福祉協議会、地域ケアプラザなどの福祉保健関係者や団体が協力して進めていくもの。5年を1期とし、その間に進める目標の具体例を示していく。計画は区全体のものと、16連合町内会単位で作成する地区別計画からなり、区と社会福祉協議会が策定を進めている。

 今回まとめたのは計画の素案。基本理念は、3期と同様に「区民の情(こころ)が生きるまち 南区」とした。そこに「様々な個性や価値観をもつ住民一人ひとりが人や地域とつながりを持ち、共に支え合い、健康で自分らしく、安心して、笑顔で暮らしているまち」と加えた。

見守りの仕組み作り

 4つの大きな目標を柱とし、それに基づく5年後のまちの姿を示し、さらに取組目標と例を挙げた。目標の最初に掲げた「孤立しがちな人をお互いさまのまなざしで、見守り・支え合いの活動を広げよう」は、高齢化が進む中、独居者が増えたため、住民同士の見守りの重要性を訴えたもの。5年後のまちの姿に日ごろから、緩やかな見守りや支え合いの輪が広がっていることや住民が困りごとを抱えた人に気づき、支援につなげることが進んでいることを挙げた。認知症高齢者の支援が課題となっていることから、区福祉保健課は「認知症などの早期発見の仕組みづくりや施設に限らない相談機関の啓発を進めたい」とする。

 素案に対する意見募集を10月10日から11月10日まで行う。寄せられた意見の概要とそれに対する区の考え方は今後、区のサイトで公表される。意見を踏まえた上で来年1月に原案を発表し、3月には確定される予定。

 素案が印刷された冊子は区内の地域ケアプラザ、地区センター、コミュニテイハウスのほか、区役所福祉保健課などでも配布予定。南区のサイトからも見られるようにする。

 問い合わせは同課事業企画担当【電話】045・341・1184。
 

認知症予防活動の一つとして太田東部地区で行われているサロン「ひょっこり茶屋」
認知症予防活動の一つとして太田東部地区で行われているサロン「ひょっこり茶屋」

南区版のトップニュース最新6

アートで顔見える関係を

アートで顔見える関係を 文化

4日に「光のぷろむなぁど」

12月2日号

3回目 2月から本格化

ワクチン接種

3回目 2月から本格化 社会

市、12月下旬に通知開始

12月2日号

全国2例目「こどもホスピス」

全国2例目「こどもホスピス」 社会

関係者悲願、金沢区に開所

11月25日号

生徒7人 作品展で入賞

蒔田町紅花書道塾

生徒7人 作品展で入賞 文化

県コンクール、最高位も

11月25日号

清掃で「つながり」実感

清掃で「つながり」実感 コミュニティ社会

区企画に町内会・学校参加

11月18日号

依存症対策の計画策定

依存症対策の計画策定 社会

市、早期支援へ連携強化

11月18日号

意見広告・議会報告政治の村

  • 道路整備の進展求める

    桜木東戸塚線・汐見台平戸線 ニッタオンライン市政報告59

    道路整備の進展求める

    横浜市会議員 仁田(にった)まさとし

    11月25日号

  • コロナ離職者の支援拡充

    追加の職業訓練生募集中 県政報告

    コロナ離職者の支援拡充

    立憲民主党・民権クラブ 県議会議員 きしべ 都

    11月25日号

あっとほーむデスク

  • 12月2日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    11月25日18:18更新

  • 11月25日0:00更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

洋菓子作り講座

洋菓子作り講座

中村で18日

12月18日~12月18日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月2日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook