南区版 掲載号:2021年10月7日号 エリアトップへ

横浜橋通商店街 大通り公園清掃で連携 愛護会初企画に参加

コミュニティ社会

掲載号:2021年10月7日号

  • LINE
  • hatena
商店街そばの歩道のごみを拾う参加者
商店街そばの歩道のごみを拾う参加者

 中区と南区にまたがる大通り公園を複数のまちづくり団体などが清掃する初の企画が10月3日にあり、約110人が参加した。公園愛護会の呼び掛けに応じて横浜橋通商店街(高橋一成理事長)らが参加した。同商店街は清掃活動を通して各団体と協力しながら、関係を深め、同公園を使ったイベントなども視野に入れている。

 大通り公園は関内駅そばから伊勢佐木長者町、阪東橋駅そばまで約2Kmあり、中区と南区にまたがる。人通りが多いこともあり、ごみの投棄が絶えない。植え込みに空き缶やペットボトル、たばこの吸い殻が投げ込まれているのも珍しくない。

 今回の清掃企画は同公園内の伊勢佐木長者町駅出口そばの「水の広場」付近の清掃や花植え活動を2009年から続けている「大通り公園水の広場愛護会」(笠原光子会長)が中心になって進めた。2区にまたがる広範囲を清掃しながら、企業やNPO、商店街などが連携し、まちづくりの新たなネットワークを構築しようと考えた。公園の南区側の「顔」とも言える同商店街にも呼び掛け、「私たちの街横浜クリーンアップ」として、同時に清掃活動を行うことにした。

 関内周辺のまちづくり団体など、9団体から110人が集まり、長者町駅を起点に関内駅側と阪東橋駅側のそれぞれを清掃した。同商店街の10人は商店街方向へ歩きながら、公園内や周辺の歩道のごみを拾った。植え込みの中にある空き缶やペットボトルが多く、トングを使って取った。

イベント開催模索

 約1時間の清掃を終えて、全参加者が集めたごみは大きな袋で約30袋も集まった。商店街の高橋理事長は「ごみの多さに驚いた。今後もこの清掃を続けたい」と月1回の活動に参加するとした。

 商店街側は目の前にある同公園をイベントで使うことを模索しており、清掃の参加団体と連携しながら、その可能性を探っていく。

南区版のトップニュース最新6

全国2例目「こどもホスピス」

全国2例目「こどもホスピス」 社会

関係者悲願、金沢区に開所

11月25日号

生徒7人 作品展で入賞

蒔田町紅花書道塾

生徒7人 作品展で入賞 文化

県コンクール、最高位も

11月25日号

清掃で「つながり」実感

清掃で「つながり」実感 社会

区企画に町内会・学校参加

11月18日号

依存症対策の計画策定

依存症対策の計画策定 社会

市、早期支援へ連携強化

11月18日号

名のない道 愛称決まる

南永田山王台地区

名のない道 愛称決まる 文化

27カ所、住民の声反映

11月11日号

町移住計画で1位に

六ツ川在住高2沖さん

町移住計画で1位に 教育

鹿児島のコンテスト参加

11月11日号

市民利用施設職員・スタッフ募集

みなみ区民利用施設協会運営の地区センターやコミュニティハウスで働きましょう

http://minami-rsk.sakura.ne.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

  • 道路整備の進展求める

    桜木東戸塚線・汐見台平戸線 ニッタオンライン市政報告59

    道路整備の進展求める

    横浜市会議員 仁田(にった)まさとし

    11月25日号

  • コロナ離職者の支援拡充

    追加の職業訓練生募集中 県政報告

    コロナ離職者の支援拡充

    立憲民主党・民権クラブ 県議会議員 きしべ 都

    11月25日号

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    11月25日18:18更新

  • 11月25日0:00更新

  • 11月18日0:00更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年11月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook