南区版 掲載号:2021年12月2日号 エリアトップへ

(PR)

充血・目やには危険信号 目の不快感 ドライアイかも 取材協力/かめざわ眼科

掲載号:2021年12月2日号

  • LINE
  • hatena

 日本では約2200万人の患者がいるといわれるドライアイ。地元の複数の小中学校で学校医を務める「かめざわ眼科」=南区別所=の亀澤比呂志院長に話を聞いた。

 ――ドライアイとは。

 「涙の量や質の低下、瞬きの減少で、目の不快な症状や視機能の低下が起こる病気です。目が乾く、疲れる、かすむ、ゴロゴロする、充血・目やになどもよくある症状。原因は加齢、長時間のパソコン作業、車の運転、コンタクトレンズ装用、エアコンによる室内の乾燥などが挙げられます」

 ――検査・治療は。

 「眼科では自覚症状や生活状況を確認し、涙が均一に表面を覆っているか等を診るフルオレセイン染色検査や、涙の量を測る検査をして診断します。

 治療は主に点眼薬です。以前は保温と傷を治す働きのあるヒアルロン酸点眼液のみでしたが最近は目の表面の水分と枯液物質ムチンの分泌を促す点眼薬が主流になっています。シリコン製の『涙点プラグ』を挿入する治療法もあります」

 ――大切なことは。

 「ドライアイと症状が似ているが、別の病気の場合もあるので診察・検査はきちんと受けましょう。ドライアイは完治が難しいため、症状を少しずつ改善し、生活や仕事に支障をきたさないようにすることが大切。治療は長期に及ぶ場合が多く、根気が必要です。

 日常生活では長時間のパソコン作業を避け、室内の乾燥に注意するなどの配慮を。気になる人は眼科専門医に相談しましょう」

■南区別所3の8の3クリニックビル3F 【電話】045・731・1113平日9時〜12時/14時〜18時 土日9時〜15時 木曜・祝日休み

かめざわ眼科

横浜市南区別所3-8-3 クリニックビル3F

TEL:045-731-1113

https://www.kamezawa-ganka.com/inchou.html

南区版のピックアップ(PR)最新6

ブロック塀の安全を確認しましょう

横浜市

ブロック塀の安全を確認しましょう

併せて意見募集にもご協力ください

1月20日号

伝統芸能や遊びにふれる

2月11日

伝統芸能や遊びにふれる

「こども歳時記」が横浜で

1月20日号

オープニングスタッフ募集

介護・看護など

オープニングスタッフ募集

南区永田北に8月オープン サ高住・小規模多機能など

1月13日号

解体・新築の補助、継続へ

横浜市

解体・新築の補助、継続へ

燃えにくいまちへ 最大300万円

1月13日号

「リースバック」で資金を有効活用

ウスイホーム上大岡店

「リースバック」で資金を有効活用

自宅売却後もそのまま住める

1月6日号

非常勤職員を募集

横浜市区役所

非常勤職員を募集

看護師等の資格活かせる

1月6日号

あっとほーむデスク

  • 1月21日16:06更新

  • 1月20日16:15更新

  • 1月20日0:00更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

写経で気分爽快

永田地区センター

写経で気分爽快

講座の参加者募集

2月9日~2月9日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook