南区版 掲載号:2021年12月23日号 エリアトップへ

「時間と心にゆとりを」 交通課 事故の注意喚起

社会

掲載号:2021年12月23日号

  • LINE
  • hatena
「事故を撲滅したい」と思いを語る藤田係長
「事故を撲滅したい」と思いを語る藤田係長

 コロナ禍が少し落ち着き、人々の行動範囲が広がった昨今。自動車やバイクに乗る機会が増えたためか、県内の交通事故が増加傾向にある。

 南警察署によると、県内で今年11月末までに発生した交通事故は、1万9477件で昨年から1054件増加した。死者は126人で全国ワースト1位となっている。

 一方、南区内の交通事故は同月比で336件、死者は0人となっており、昨年から減少した。しかし、高齢者と自転車関係の事故が増加するなどの課題を抱える。

 自転車や二輪車は車体が小さいため、自動車の運転手は相手が遠くにいるような錯覚に陥る。「まだ大丈夫だろう」という慢心が事故のリスクを高め、大型車の死角から飛び出してきたバイクと衝突する事故が全国各地で見られる。

 南署交通課の藤田正義係長は「直進車が右折車に進路を譲った際、死角となった二輪車などとぶつかる『サンキュー事故』が見受けられる」と話す。信号機や横断歩道がない生活道路での事故も目立つという。ミラーで見えない死角を繰り返し確認し、相手の動向に注意することが事故防止につながる。

歩行者も注意を

 事故防止のため、運転手だけでなく、歩行者も交通ルールを守るのが大切。信号機や横断歩道がない場所などを渡る乱横断は慢性的な問題だ。

 また、事故は夕暮れ時が顕著。区内で今年発生した336件を時間帯別(4時間ごと)で見ると、午後4時から8時までが95件。これは午前8時から正午の112件に次いで多い。夜間外出時は、運転手の目につきやすい明るい服装や反射板を身に着けるなどの対策が重要だ。

 藤田係長は「何かと慌ただしくなる年末年始。時間と心にゆとりを持って行動し、安全対策に取り組んでいただきたい」と呼び掛ける。県は12月を「飲酒運転根絶運動強化月間」としている。南署も事故防止のため、取り締まり強化に励む。

南区版のローカルニュース最新6

個性あふれる一枚並ぶ

個性あふれる一枚並ぶ 文化

24日から、吉野町で写真展

5月19日号

市会の所属委員会決定

市が受入・定着を後押し

外国人の介護人材

市が受入・定着を後押し 社会

事業所にセミナーと研修

5月19日号

約250のプログラム展開

約250のプログラム展開 文化

横浜音祭りの概要発表

5月19日号

将来像描く意見交換会

山下ふ頭

将来像描く意見交換会 社会

市内4カ所で実施

5月19日号

幸福実現党から壹岐氏

幸福実現党から壹岐氏 政治

参院選神奈川選挙区

5月19日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月19日0:00更新

  • 5月12日0:00更新

  • 4月28日0:00更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

箏・三味線など響く

南区邦楽協会

箏・三味線など響く

22日、南公会堂で演奏会

5月22日~5月22日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook