南区版 掲載号:2021年12月23日号 エリアトップへ

菅前首相インタビュー 「1年で多くの仕事できた」 ワクチン加速化、成果実感

政治

掲載号:2021年12月23日号

  • LINE
  • hatena
本紙の取材に応じる菅前首相
本紙の取材に応じる菅前首相

 本紙は衆院2区(西、南、港南区)選出の菅義偉前首相(73)に単独インタビューを行った。その中で菅氏は昨年9月から約1年間の首相在任時を「ワクチン接種を進めるなど、多くの仕事ができた」と振り返った。今後は自身が道筋を付けた不妊治療への保険適用など、これまで縦割り行政で進められなかった政策を進めるとした。(聞き手/本紙・門馬康二)

 --自身の衆院選の結果をどう評価するか。

 「得票率が6割を超え、本当にありがたく、力強いものだった。首相を辞めた後の選挙であり、(有権者の私への)期待感がなくなることを一番心配していた。しかし、ワクチンの効果が出始めてきたこともあり、全国どこを回っても『ワクチンありがとう』という声が聞かれた。これは政治家冥利に尽きる。

 --ワクチン接種にこだわりを持って進めた。

 「海外の様子などを情報収集し、コロナ収束にはワクチン接種しかないと思い、全力投球をした。『接種1日100万回』は高い目標だったが、行政の縦割りを排除し、規制緩和をして実現できて本当に良かった」

 --ほかの成果は。

 「約1年間でも多くの仕事ができた。2050年までに温室効果ガスの排出を全体としてゼロにする『カーボンニュートラル』やデジタル庁創設、不妊治療への保険適用、携帯電話料金値下げなど、一挙に推進できたと思っている」

縦割り浮き彫りに

 --首相の経験をどのように活かせるか。

 「あらゆることを大所高所から見渡せるようになった。不妊治療の保険適用など、自分が道筋を付けたものを前に進めるのが役割。縦割りや規制によって縛られているものを浮き彫りにしたい」

 --市長選で当選した山中竹春市長の評価は。

 「当選して間もないので、すぐに何かはできないと思う。市民の審判を受けたので、市民にとって大事な必要なことであれば、私たちも協力するのは当然のことだ」

 --市長はIR誘致撤回を決めた。今後、横浜の発展に必要なことは。

 「IRに代わるまちづくりとして、花博(国際園芸博覧会)を行う旧上瀬谷通信施設とみなとみらいなどの中心部が連携していくまちづくりを検討する必要がある」

 --花博は一部に開催を疑問視する声もある。

 「世界から数千万人が来ると思う。将来へ向け、地球環境などを考える中で大きな役割を果たせる。積極的に招致してきたので成功させたい」

 --南区の課題とそれへの対策は。

 「高齢化社会を安心して住み続けられる、南区らしいまちづくりを積極的に支援したい。昨年の首相就任時に弘明寺商店街や横浜橋通商店街で横断幕を作っていただいたりしたことは、本当にありがたかった。政治家冥利に尽きると感じた」

南区版のトップニュース最新6

スマホで地域貢献

井土ケ谷パチンコ店

スマホで地域貢献 経済

飲食店、避難場所など紹介

5月12日号

来春、新たな区民まつり

来春、新たな区民まつり 社会

「桜」と「南」を統合

5月12日号

野菜作りで地域創生

永田台小

野菜作りで地域創生 社会

住民と地産地消促進

5月5日号

太田東部初のこども食堂

太田東部初のこども食堂 社会

主婦立ち上げ、準備進む

5月5日号

「身代地蔵菩薩」が20年

弘明寺観音

「身代地蔵菩薩」が20年 社会

住民ら参加で記念法要

4月28日号

「子どもに防災意識を」

横浜橋通商店街

「子どもに防災意識を」 社会

消防・企業と連携企画始動

4月28日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月12日0:00更新

  • 4月28日0:00更新

  • 4月14日0:00更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

箏・三味線など響く

南区邦楽協会

箏・三味線など響く

22日、南公会堂で演奏会

5月22日~5月22日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月12日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook