南区版 掲載号:2022年1月6日号 エリアトップへ

認知症と向き合う心を 六ツ川住民が講演会企画

社会

掲載号:2022年1月6日号

  • LINE
  • hatena
講演を聞く参加者
講演を聞く参加者

 六ツ川の住民が中心となり、高齢者らが飲食しながら健康相談などができる認知症カフェ「とおりみち」が12月22日、認知症当事者を講師に迎えた講演会を六ツ川一丁目コミュニティハウスで行った。

 認知症当事者の家族や支援者らが参加し、病気に対する思いや考え、対策などを共有した。

 講師を務めた丹野智文さんは2013年に若年性アルツハイマー型認知症と診断を受けた。自動車販売会社のトップセールスマンとして活躍する中での診断に動揺を隠せなかったという。

 講演会の前半は丹野さんが認知症を受け入れ、向き合うまでの過程や家族とのやり取りを語った。進行する症状を抑えるよりも、日常で起こる失敗をどのようにリカバリーするかを考えることが大切と説いた。

 後半は参加者からの質問に対応。認知症の家族がいる人から症状の改善方法などの相談を受けた際は、「私は家族の勧めで症状が改善するといわれる食べ物を一通り試したことがあったが、それがストレスになって体調が悪化した。本人の意思を尊重してあげることが大切」と経験を基にしたアドバイスを送った。

 「とおりみち」の代表を務める佐藤幸子さんは「考えを巡らせながら困難を乗り越えてきた丹野さんの経験談は説得力があり、皆さんの心に響いたはず。今後も当事者を交えたイベントを企画したい」と話した。

南区版のローカルニュース最新6

個性あふれる一枚並ぶ

個性あふれる一枚並ぶ 文化

24日から、吉野町で写真展

5月19日号

市会の所属委員会決定

市が受入・定着を後押し

外国人の介護人材

市が受入・定着を後押し 社会

事業所にセミナーと研修

5月19日号

約250のプログラム展開

約250のプログラム展開 文化

横浜音祭りの概要発表

5月19日号

将来像描く意見交換会

山下ふ頭

将来像描く意見交換会 社会

市内4カ所で実施

5月19日号

幸福実現党から壹岐氏

幸福実現党から壹岐氏 政治

参院選神奈川選挙区

5月19日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月19日0:00更新

  • 5月12日0:00更新

  • 4月28日0:00更新

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

個性あふれる一枚並ぶ

個性あふれる一枚並ぶ

24日から、吉野町で写真展

5月24日~5月30日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook