保土ケ谷区版 掲載号:2011年11月24日号
  • googleplus
  • LINE

保土ケ谷署 「自転車は車両」、啓発を強化 学校への出前講座も

社会

 警察庁が自転車の車道通行徹底を図る中、保土ケ谷警察署(園田福春署長)でも取り締まりを強化している。また、同署管内では地形の特徴から二輪車による事故が多発。講習などを実施し、事故防止に努めている。

 警察庁は10月末、自転車事故防止のため、総合対策を発表。これを受け、全国で自転車への取り締まりが強化されている。

 自転車は「車両」として扱われるため、原則的には車道を走行するものとされる。標識等により、通行が許可されている場合のみ歩道を走行できるが、同署によると「通行可能な歩道かどうかが分かりづらい」との声も多いという。署では「まずはルールの周知を」と自転車利用者への声かけなどに取り組んでいる。

 通行位置だけでなく、携帯電話を操作しながらの走行や、イヤホンを装着しての運転をしている利用者に警告等も行っていく。

 また、署員が小学校に出向き、児童に自転車の乗り方を指導するなど、交通ルールの教育にも力を入れている。

二輪事故が多発

 一方、区内では二輪車による事故が多発している。

 今年1月から10月末までに同署管内で発生した二輪車関係事故件数は、251件(概数)。これは、全事故件数の43・1%を占め、県下平均の30・5%に比べて高くなっている。対して自転車関係の事故の占める割合は12・5%と県下平均の24・8%を下回っている。

 これは、山坂の多い地形が影響し、他地区に比べて二輪車の利用者が多いことなどが影響していると見られる。

 同署では二輪車事故の減少を図ろうと、取り締まりを強化する他、区内各地で講習等を開催。11月16日にも、市営バス従業員を対象に「安全運転講習」を実施した。

 鴨居自動車学校(緑区)で行われたこの日の講習には、通勤に二輪車を利用している従業員ら20名が参加。署員の指導の下、スラローム走行や制動訓練などを行い、安全運転を改めて学んでいた。

 署では、二輪車・自転車の事故防止のため、今後も取り締まり強化や交通安全教室の開催を進めていく方針だ。
 

保土ケ谷区版のトップニュース最新6件

公共施設の「多目的化」推進へ

補助対象地域を拡大

感震ブレーカー

補助対象地域を拡大

3月15日号

認知症支援などに重点

地域包括ケア次期計画

認知症支援などに重点

3月8日号

「診療可能」は旗が目印

災害時医療

「診療可能」は旗が目印

3月8日号

区の歌合唱団が10周年

悲願のJ1昇格へ船出

サッカーJ2横浜FC

悲願のJ1昇格へ船出

2月22日号

保土ケ谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

つるし雛 ズラリ

つるし雛 ズラリ

ギャラリーコーエンで企画展

2月28日~3月26日

保土ケ谷区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク