保土ケ谷区版 掲載号:2011年12月1日号
  • googleplus
  • LINE

川島町 地域ケアプラザが開所 多目的ホールが特長

社会

福祉保健などに活用される新施設
福祉保健などに活用される新施設

 保土ケ谷区内で7館目となる地域ケアプラザが12月1日(木)、川島町に開所する。2部屋設けられた多目的ホールなど、これまでの地域ケアプラザには無い設備も整え、福祉保健を始めとする区民の生活に役立てられる。

 新たに開所する「横浜市川島地域ケアプラザ」は、社会福祉法人「朋光会」(福村正理事長)が管理。

 子育てや介護に関する相談・支援や地域交流など、福祉保健活動の拠点として活用される。

 同施設では、他の地域ケアプラザで実施されているデイサービス事業を行わず、新たな試みとして多目的ホールを1階と2階に1部屋ずつ設置。ホールは、体操教室やセミナー、コンサートなど、幅広い目的で利用できる。既に今月から、このホールを利用して「在宅介護者の集い」の開催が決定している。

 このほか「メッセンジャー川島」と題した出前講座にも取り組む方針。住民の要望にあわせて、ケアプラザのスタッフが自治会館などに出向き、介護保険に関する講座や健康体操などを実施する。

 11月25日に行われた開所式には、保土ケ谷区の鈴木和宏区長らが出席。地元の郷土芸能「川島囃子」なども披露され、開所に華を添えた。

10日に記念コンサート

 また12月10日(土)には、地元住民に施設をPRするイベントとしてコンサートを開催する。

 所長を務める内田節子さんは「まずは地域の人々に、施設の存在を知ってほしい。コンサートなどの機会を利用して、気軽に訪れてもらえれば」と話していた。

 イベントの詳細・アクセス等、問合せは【電話】045・370・1550/横浜市川島地域ケアプラザまで。
 

保土ケ谷区版のトップニュース最新6件

公共施設の「多目的化」推進へ

補助対象地域を拡大

感震ブレーカー

補助対象地域を拡大

3月15日号

認知症支援などに重点

地域包括ケア次期計画

認知症支援などに重点

3月8日号

「診療可能」は旗が目印

災害時医療

「診療可能」は旗が目印

3月8日号

区の歌合唱団が10周年

悲願のJ1昇格へ船出

サッカーJ2横浜FC

悲願のJ1昇格へ船出

2月22日号

保土ケ谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

つるし雛 ズラリ

つるし雛 ズラリ

ギャラリーコーエンで企画展

2月28日~3月26日

保土ケ谷区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク