保土ケ谷区版 掲載号:2012年4月19日号
  • googleplus
  • LINE

地元に拠点を構えるプロサッカーチーム「横浜FC」の強化部長を務める 奥 大介さん 戸塚区在住 36歳

結果をファンに贈りたい

 ○…「今は一つでも多く試合に勝つこと。求められているのはやっぱり結果ですから」と訥々(とつとつ)と語る。5年前に現役を引退し、昨年10月に横浜FCの強化部長に就任した。プロサッカーリーグ「Jリーグ」のJ2で順位を競うが、なかなか結果が出せず、苦戦している。J1昇格のため、まずはJ2で6位以内を目指す。3月末に山口素弘(もとひろ)監督が就任し、新体制でスタートしたばかり。「沈みがちだった雰囲気も変わり、監督の描くサッカーも見えてきた。あとは結果ですね」 

 ○…兵庫県尼崎市出身。サッカーを始めたのは小学3年生の時。当時Jリーグはなく、プロを意識したことはなかったが、全国大会に出場し、優秀選手にも選ばれた高校最後の年、Jリーグが開幕。「自分はどこまで通用するのか」と挑戦する道を選んだ。ジュビロ磐田、横浜F・マリノスを経て、横浜FCへ移籍。日本代表にも選出され、26試合に出場。2得点を決めるなどチームに貢献した。「代表入りした時は実力に自信はあったけど、世界で活躍する選手の中に自分がいるのは不思議な感じでした」と懐かしむ。

 ○…小学生の娘2人の父。妻は女優の佐伯日菜子さん。「娘がサッカーをやってみた時に蹴り方が似てるって周りに言われて」と照れ笑い。仕事の話をしている時の真剣な雰囲気がふわりと和らいだ。休日は駅前の商業施設で買い物をしたり、店長と仲の良い行きつけのレストランに行ったりと地元に親しんでいる。また、ラーメン好きで、行った店は数えきれないほど。チームスタッフとも「あのラーメン食べた?」と盛り上がることも多い様子。

 ○…地域のイベントにも積極的に協力している同チーム。「ファンの顔を見て交流していると、結果を出して喜ばせてあげたいなって思います」。取材中に何度も出てくる「結果」の2文字。道のりは長いが、一歩一歩気を抜かず、J1昇格を目指し歩んでいく。
 

保土ケ谷区版の人物風土記最新6件

小倉 純二さん

3月に開場20年を迎える日産スタジアム(横浜国際総合競技場)の名誉場長を務める

小倉 純二さん

2月8日号

八ッ橋 良光さん

「帷子番所」を建設した市野屋商店店長

八ッ橋 良光さん

2月1日号

大庭 公善さん

働き方改革を進め、横浜市から認定を受けたグランコーヨー(株)代表取締役

大庭 公善さん

1月25日号

三村 秀樹さん

日本人として初めてアイルランド大統領功労賞を受賞した

三村 秀樹さん

1月18日号

大日方(おびなた) 邦子さん

2018年平昌(ピョンチャン)パラリンピックで選手団長として日本代表チームを率いる

大日方(おびなた) 邦子さん

1月11日号

塩川 藤吉さん

神奈川県美化運動推進功労者表彰を受賞した

塩川 藤吉さん

1月4日号

妙法院の永代供養墓 

三ツ境駅からバス約5分。緑豊かで静謐・荘厳な永久納骨廟は25万円~。

http://www.myo-ho-in.com/

<PR>

保土ケ谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク